ディシジョン

提供: ck3wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ディシジョン(Decisions)とは、伯爵以上の所領有りのキャラクターがとることのできるユニークな行動です。キャラクターに 無能力者の特性がある場合、ほとんどのディシジョンは使用できません。キャラクターが仕様要件の1つ以上を満たさない限り、ディシジョンは表示されません。

※説明文の一部に日本語化MOD(CK3_JPM_PROJECT)の翻訳を使用しています。

大ディシジョン[編集]

大ディシジョン(Major decisions)[1]は世界に永続的な痕跡を残し、そのディシジョンによって影響を受けるすべての支配者に対して通知がされます。

基本[編集]

ディシジョン 効果 コスト 要求事項
新たな王国の創設する

私は新しい王国の称号の下に王国を統一し、永遠に我が王朝のものとするだろう。

  • 王国の称号が作成される
  • 保持されているすべての公爵領称号が作成された称号の慣習的領土の一部となる
300ゴールド
500の威信(Prestige)
200の信仰点(Piety)
  • Yes 成人している(adult)
  • Yes 独立している(independent)
  • Yes 平和状態にある(at peace)
  • Yes 称号階位が公爵である
  • Yes 領国(Realm)サイズが30、もしくは最低でも3つの公爵領称号
  • 名声レベル(Level of Fame)が最低でも屈指の大成者(Illustrious)
  • Rules.png カスタム王国(Custom Kingdoms)がゲームルールで有効になっている
新たな帝国を創設する

他のすべてのものより輝き、歴史そのものよりも長く続く帝国を私は創造する。

  • 帝国の称号が作成される
  • 保持されているすべての王国称号が作成された称号の慣習的領土の一部となる
1200ゴールド
2000の威信
600の信仰点
  • Yes 成人している
  • Yes 独立している
  • Yes 平和状態にある
  • Yes 称号階位が王である
  • Yes 領国サイズが120もしくは最低でも3つの王国称号と80の領国サイズ
  • 名声レベルが最低でも雲上人(Exalted among Men)
  • Rules.png カスタム王国がゲームルールで有効になっている
特別な継承法を導入する

分割相続制は我々を弱体化させ、分裂させる。領国の有力者たちは歴史的な代替案を受け入れるだろうか…

  • 主要称号の継承法がキャラクターの文化特有のものに変更される
  • +30 30年の間、同じ文化の封臣たちの評価が上がる
300の威信
  • Yes 称号階位が国王または皇帝
  • ゴイデル(Goidelic)または北ゲルマン(North Germanic)文化グループ。もしくはアングロサクソン(Anglo-Saxon)文化
  • No 西暦1100年以上
支配者に挑戦する

支配者は問題の称号を己の疑いのないものであるかのように扱っている。我々の指導者が誰かを決定するのは能力や強さだけではないと言わんばかりだ。私、[名前]は彼の称号及びすべての[称号]への権利に対して疑問を抱いており、私はもう黙っていることはしないだろう!

  • 勝利した場合は「請求された称号(claimed title)」を取得、12年間の間、前支配者からの 評価が−50
  • 敗北した場合は、12年間の間、前支配者からの 評価が−30、名声レベルを失う
  • 敗北したキャラクターは 負傷(Wounded)の特性を得る
    • もしすでに 負傷(Wounded)の特性があれば、 重傷(Severely Injured)の特性を得る
    • もしすでに 重傷の特性があれば、 致命傷(Brutally Mauled)の特性を得る
    • もしすでに 致命傷の特性があれば、その者は死ぬ
なし
  • Yes 成人している
  • Yes 部族政府(Tribal government)
  • 封臣である
  • Default cb.png 主君の称号を請求している
  • Doctrine gender equal.png キャラクターは同じ性別もしくは宗派(Faith)が「平等(Equal)」の教義(doctrine)を有する
  • Yes 主君が成人している
  • 10年毎に1度しか挑戦できない
分家の創設

我々の一族は[家]の遺産を放棄し、私を偉大な王朝のこの新しい家系の長として、歴史の中で独自の道を切り開く時が来たのかもしれぬ。

  • +350 威信
  • Yes 現在の家(House)の分家(Cadet Branch)を作成する
なし
  • Yes 成人している
  • No 部族政府
  • No 家長(House head)
  • No 家長の称号の1つに対して継承順位が3番目以降
  • No 宗派が「神権制(Theocratic)」の教義を有している状態での宮廷司祭(Court chaplain)
  • No 私生児(Bastard)の特性
血統の聖別

十分な献身を示し、聖職者たちの支持を得ることで、我々の王朝は神聖なる血統として神の加護の下に永遠に祀られるだろう。

  • +500 名誉(Renown)
  • +25% 情熱(Fervor)
  • 宗教指導者(Head of Faith)でない場合、規範(Paragon)の特性を取得
  • 宗教指導者の場合、救世主(Savior)の特性を取得
2500の信仰点
  • Yes 最低でも伯爵領以上の称号が3つ
  • Yes 宗派が組織化されている(Organized)
  • Yes 聖地(holy site)を掌握(control)している
  • 献身レベル(Level of Devotion)が宗教的イコン(Religious Icon)
  • それが存在すれば、宗教指導者の評価が+75
  • 1つの宗派につき1回しかできない
  • キャラクターが 満足(Content)の特性を持っていれば、ストレスが+100
  • キャラクターが 謙虚(Humble)の特性を持っていれば、ストレスが+100
魔女の集会を創設する

誇り高き我が家は血で結ばれているが真実は我々を分断している。私は、もはや恐怖の中で生きるのではなく、お互いが完全にオープンになる日を待ち望んでいる。私たちの息子と娘は、自分たちの力と[魔女の神]の意志を受け入れるように育てられる。かの者のお役に立てるように!

  • 家は「魔女の集会」の永続的な補正を得る。これは家の各々のメンバーに以下を与える。
    • +10% 生殖力
    • +0.5 健康
    • +10 敵対的な計画力
    • +10 敵対的な計画への抵抗
  • 魔女(Witch)の特性を持ったキャラクターによって教育されたすべての子供は魔女の特性を得る
  • 魔女の特性を持ったすべてのキャラクターは、その他の者を魔術(witchcraft)[2]に変換するのがより成功しやすくなる
なし
  • Yes 家長
  • 魔女の特性もしくは秘密
  • プレイヤーの後継者は魔女の特性、またはあなたに知られた秘密がある
  • 最低でも60%の家のメンバー(ただし小さな家では4人以上)が、魔女の特性もしくはあなたに知られた秘密を持っている
主君を通じての封建制政府を採用する

我が領土が拡がるにつれて、それを制御するための課題も増えてきた。我が主は既に封建制の仕組みを取り入れている。主君にその体制を模倣して我が領国を再構成する手助けを請うことが出来るかもしれない。

  • Yes 政府(Government)が封建制(Feudal)になる
  • Yes 部族制政府の封臣は封建制になる
  • Holding castle.png すべての部族制所領(tribal holdings)が城砦所領(castle holdings)になる
150の威信
  • Yes 部族制政府
  • Yes 宗派は組織化されている
  • Yes 封建制政府である主君
  • No  異なる部族(Disparate Tribes)の権限法
主君を通じて氏族制の政体を採用する

我が領土が拡がるにつれて、それを制御するための課題も増えてきた。我が主は既に氏族制の仕組みを取り入れている。主君にその体制を模倣して我が領国を再構成する手助けを請うことが出来るかもしれない。

  • Yes 政府が氏族制になる
  • Yes 部族制政府の封臣は氏族制になる
  • Holding castle.png すべての部族制所領が城砦所領になる
150の威信
  • Yes 部族制政府
  • Yes 宗派は組織化されている
  • Yes 氏族制政府である主君
  • No  異なる部族 の権限法
封建制政府を採用する

[称号]を拡大・発展させ続けるために、私たちは古い方法を捨て、新たな統治方法を採用してゆかねばならない。

  • Yes 政府が封建制になる
  • Yes 部族制政府の封臣は封建制になる
  • Holding castle.png すべての部族制所領が城砦所領になる
  • 封建制(feudalism)を採用すれば、部族制所領に建てられた建物はその時から封建制建築物(buildings)になります。元の建築物がどの建築物に変換されるかはランダムですが、元の建築物の合計レベルは保たれます。(たとえば、アップグレードされた柵(palisade)は、レベル2の監視塔、またはレベル1の狩猟場とレベル1の放牧地になることができますが、建築物のレベルが2なのは変わりません)。部族の保有(hold)する建築物をアップグレードすることは、建築物の1レベルに相当しますが、すべての部族制建築物が完全にアップグレードされると、それらは何も提供しなくなります。1.2アップデートから、これはあなたの封臣すべてに適用されます。
200の威信
  • Yes 部族制政府
  • Yes 宗派が組織化されている
  • すべての部族時代の革新性
  • 領国首都の開発度が5以上
  •  絶対的な部族権限 法
  • 名声レベルが最低でも一目置かれている(Distinguished)
  • No 主君が封建制もしくは氏族制政府
  • No イスラム教
氏族制の政体を採用する

[title]を拡大・発展させ続けるために、私たちは古い方法を捨て、新たな統治方法を採用してゆかねばならない。

  • Yes 政府が氏族制になる
  • Yes 部族制政府の封臣は氏族制になる
  • Holding castle.png すべての部族制所領が城砦所領になる
200の威信
  • Yes 部族制政府
  • Yes 宗派は組織化されている
  • すべての部族時代の革新性
  • 領国首都の開発度が5以上
  •  絶対的な部族権限 法
  • 名声レベルが最低でも一目置かれている
  • No 主君が封建制もしくは氏族制政府
  • Yes イスラム教
聖戦騎士団の設立

真の信仰の守護に身を捧げる戦士が過多になるということはない。 仕えんとする者たちに家と武器を与え、[war god]に敬意を表そう!#!

  • Yes 新たに創設された聖戦騎士団(Holy Order)の後援者(Patron)となる
500ゴールド
1000の信仰点
  • Yes 成人している
  • Yes 平和状態にある
  • Yes 称号階位が王もしくは皇帝である
  • Yes 領国首都を除く、最低1つの城砦所領または都市所領
  • 宗教指導者が存在する場合は、その物からの評価が最低でも60
  • 献身レベルが最低でも献身的なしもべ(Devoted Servant)
  • No 聖戦騎士団の後援者
聖なる河(Sacred River)の管理権を取る

ガンジスの流域にある全ての土地を統べる私は、どの領主たちが聖なる水とその儀式を利用できるのか、許可するある程度の権限をもっている。祭司が神聖なる守護者として、この権限を有していると正式に定めるべき時だ

  • Icon piety eastern 01.png +1 献身レベル
  • 聖河の管理者」の補正を得る。以下の効果を得る。
    • +1 外交
    • +1 学識
    • Icon piety eastern 01.png +5 月間の信仰点
    • +10 同じ宗派の神権制の支配者の評価
  • 他のキャラクターが 「聖河の管理者」 の補正を持っている場合はそれを削除し、彼らからの 評価が−40されます。
  • Yes 「ガンジスの守護者(the Lord of the Ganges)」の異名(nickname)を得ます
350の信仰点
状況に応じたゴールド(Scaled gold)
  • Yes 成人している
  • Yes 称号階位が最低でも公爵
  • Yes ヒンドゥスターン平野(Ganges Plain)地域を掌握している
  • Yes 領国首都がヒンドゥスターン平野地域に存在する
  • Religion shaivism.png ヒンディー今日
  • 名声レベルが最低でも屈指の大成者(Illustrious)
  • Icon piety eastern 01.png 献身レベルが最低でも忠実な信徒(Dutiful)
大学を設立

最近、学者たちが私の領国に集まっている。多くは教師として人気があるが、彼らの知識を集めし、そして継承するためには、彼らをどこかに集めておく必要がある。

  • Building university.png 史実における場所で大学の建築物を作成する
  • Yes 「学者(the Scholar)」の異名を得る
150の威信
  • Yes 成人している
  • Yes 称号階位が王もしくは皇帝
  • 名声レベルが最低でも雲上人
  • 史実における大学の場所が最低でも40の開発度を持つ


コンスタンティノープルを取り戻す

コンスタンティノープルは東の帝国の首都であり、彼女は正当に私のものだ。

  • Realm capital.png コンスタンティノープルの男爵領が領国首都になる
なし
  • Yes 成人している
  • ビザンツ帝国の称号を有する
  • コンスタンティノープルの伯爵領を自信が所有しているもしくは主君が所有している
ローマを取り戻す

ローマはかつてのローマ帝国の首都であり、そのため彼女は当然私に属している。

  • Realm capital.png ローマの男爵領が領国首都になる
なし
  • Yes 成人している
  • ローマ帝国の称号を有する
  • ローマの伯爵領を自信が所有しているもしくは主君が所有している
借金を返済

私が借金を持ち越し続けることは[title]にはふさわしいものではない ー 借りている金を返すときが来たようだ。

  • Yes 聖戦騎士団からの借金に関するすべてのネガティブな効果を削除
状況に応じたゴールド
  • 「修道会から借金をする(Borrow Gold from Holy Order)」のディシジョン
牢獄からの脱走

同じ壁、同じ作業、食事といえば同じ薄粥ばかり – ああ、毎日が最後の日であるかのようだ。この牢獄は私を蝕み続けており、もう我慢することはできない!

  • 50% 牢獄から脱獄のチャンス
  • 看守の 評価が−20になり、 中程度の健康ペナルティを5年間得る確率が50%
    • キャラクターが 臆病(Craven)もしくは繊細(Delicate)もしくは 虚弱の特性を持っている場合はチャンスが66%になる
    • キャラクターが 軟弱もしくは 脆弱(Feeble)の特性を持っている場合、チャンスが75%になる
なし
  • Yes 最低でも10歳以上
  • 投獄されている
  • 5年おきに1回しか試すことはできない

ユニークディシジョン[編集]

以下の大ディシジョンは、キャラクターに関係なく、1ゲームにつき1回のみ行うことができます。

基本[編集]

ディシジョン 効果 コスト 要求事項
トゥール・ポワティエ間の戦いの報復

732年、トゥールへの途上でウマイヤ軍がフランク人に敗北した。状況が異なれば、ヨーロッパの全てが今日イスラム教の支配下にあっただろう。
私は殉教者の仇を討ち、その夢を実現させる。

  • +750 威信
  • +500 信仰点
  • +25% 情熱(Fervor)
  • −25% カトリック宗派の情熱
  • 33% 各封臣もしくは西ヨーロッパの伯爵領がキャラクターの宗派に鞍替えする可能性
  • Yes 「復讐者(the Avenger)」の異名を得る
  • Yes 殉教者の復讐(Avenger of the Martyrs)の補正を得る
なし
  • Icon piety islam 01.png イスラム教
  • Yes イベリア(Iberia)と南フランク(Southern Francia)地域を掌握する
  • Yes フランク、イベリア、北西アフリカのどこか1つに領国首都を置く
サオシャントになる

イスラーム教徒を追い出し、ゾロアスターの支配をペルシャ帝国全体に復活させることによって、敬虔な支配者はゾロアスターの予言したサオシャント、つまり世界の救世主と認められるかもしれない。

  • +15% 情熱
  • サオシヤントの特性を得る
  • 子孫はサオシヤントの子孫特性を獲得する
  • 35% 各廷臣(courtier)がキャラクターの宗派へ鞍替えする確率
  • 王朝はサオシャントの復活(Saoshyant Resurgent)の補正を25年間得る。以下の効果を得る。
    • +15% 月間の威信
    • +15% 月間の信仰点
    • +25 同じ宗派の評価
  • Yes 「サオシヤント(the Saoshyant)」の異名を得る
なし
  • Yes 成人している
  • Yes 平和状態にある
  • ペルシャ帝国の称号を有するもしくはそのすべての慣習的領土を有する
  • Religion urartuism.png ゾロアスター教
  • Icon piety eastern 04.png 献身レベルが最低でも美徳の模範(Paragon of Virtue)
ガラスの記念碑を建てる

最も深い冬にあっても陽光が夏のように暖かく、植物が一年中育つような総ガラス製の建物を夢見ていた!

  • Building generic house.png 領国首都にガラスの記念碑(Glass Monument)の建築物を建てる
  • Yes 「ガラスの男(the Man of Glass)」の異名を得る
150の威信
状況に応じたゴールド
  • Yes 成人している
  • 狂気(Lunatic)の特性イベント
  • 名声レベルが最低でも一目置かれている(Distinguished)
ドイツの僭称者を解体(Dismantle German Pretenders)

イタリア半島とガリア国境を奪還すれば、帝国の爵位を不当に主張するドイツの僭称者どもに対抗するだけの強い地位を得ることになろう。

  • Default cb.png 神聖ローマ帝国に対して征服戦争を開始する
10000の威信
  • Yes 成人している
  • Yes 独立している
  • Yes 平和状態にある
  • あなたがビザンツ帝国もしくはローマ帝国の称号を有する
  • Yes 別の誰かが神聖ローマ帝国の称号を有する
  • Yes イタリア地域を掌握する
  • Yes ブラバント(Brabant)、ユーリッヒ(Jülich)、ルクセンブルク(Luxembourg)、下ロレーヌ(Lower Lorraine)、上ロレーヌ(Upper Lorraine)を掌握する
  • 生ける伝説(The Living Legend)の名声レベル
  • ギリシャもしくはイタリアもしくはローマ文化
ギリシャの僭称者を解体

イタリア半島を支配しギリシアへの足がかりを得れば、帝国の威光の残滓にすがりつくだけの腐敗したビザンツ帝国に対抗するだけの、強い地位を得ることになろう。

  • Default cb.png ビザンツ帝国に対して征服戦争を開始する
10000の威信
  • Yes 成人している
  • Yes 独立している
  • Yes 平和状態にある
  • あなたが神聖ローマ帝国の称号を有する
  • Yes 別の誰かがビザンツ帝国の称号を有する
  • Yes イタリア地域を掌握する
  • Yes アカイア(Achaia)、アテネ(Athens)、ケファロニア(Cephalonia)、デュラキオン(Dyrrachion)、エピロス(Epirus)を掌握する
  • 生ける伝説の名声レベル
  • 以下の文化のどれか
    • 中部ゲルマングループ内の任意の文化
    • フランク(Frankish)、フランス(French)もしくはイタリア
多くの王冠を持つ王朝

いつの日か、私たちの王朝は世界中の領土を支配するだろう。結婚と征服を通じて、[dynasty]の名前はすべての人に知られるようになる。

  • +1000 名誉
  • 王朝は「多くの王冠を持つ王朝」の永続的な補正を得る。以下を得る
    • +2 管理
    • +20% 月間の威信
    • +10% 徴募兵のサイズ
    • +5 直接的な封臣の評価
  • Yes 10人の王朝メンバーが王もしくは皇帝として独立している
シチリア議会に権限を与える[3]

貴族、聖職者、市民の代表者と古いローマの基盤のバランスをとることで、君主と臣民の両方の利益のために、新しい諮問機関を組織することができる。

  • Building generic house.png 領国首都が議会(Parliament)の建築物を建てるための新しい建築物スロットを得る
  • 王権法が次のレベルになる
  • 領国首都が属する公爵領における慣習的伯爵領が150年の間「議会官僚機構(Parliamentary Bureaucracy)」を得る。以下を得る。
    • −5% 建築物の建築時間
    • −5% 建築物を建設するゴールドコスト
    • +10% 月間の開発度
1500 ゴールド
3000 威信
  • Yes 成人している
  • Yes 独立している
  • Yes 平和状態にある
  • Yes 封建制政府
  • 最低でも10の学識(Learning)
  • 名声レベルが最低でも屈指の大成者(Illustrious)
  • 中部ゲルマン、イベリア、もしくはラテン文化グループ
  • ナポリ王国もしくはシチリア王国もしくはトリナクリア(Trinacria)王国の称号を有する
  • Yes シチリア(Sicily)公爵領、カプア(Capua)公爵領を掌握する
  • Yes 領国首都がカプア公爵領もしくはシチリア公爵領に存在する
  • No  自立した封臣(Autonomous Vassals) 法
〈フランス人の作品〉に示唆を受ける

[title]をこの暗黒時代から救い出し、我々の故郷を熱く波打つヨーロッパ文化の中心とするべく、発見と美とに満ちた新たな時代が我々を待っている。

  • 王権法が次のレベルになる
  • 150年間の間、必要とされる公爵領の首都が「繁栄している文化(Flourishing Culture)」の補正を得る。以下の効果を得る。
    • −10% 建築物を建築する時間
    • −10% 建築物を建設するゴールドコスト
    • −10% 建築物を建設する威信コスト
    • +10% 月間の開発度
3000の威信
500のゴールド
  • Yes 成人している
  • Yes 平和状態にある
  • Yes 封建制政府
  • Yes 称号階位が王もしくは皇帝
  • 最低でも10の学識
  • 名声レベルが最低でも「雲上人」
  • 騎士(Knighthood)と君主大権(Royal Prerogative)と風車(Windmills)の革新性
  • Yes フランク帝国、フランス王国、もしくはブルゴーニュ(Burgundy)王国の称号を有する
  • Yes 以下のどちらか1つを掌握している
    • Yes オルレアン(Orleans)公爵領とヴァロワ(Valois)公爵領
    • Yes プロヴァンス(Provence)公爵領とトゥールーズ(Toulouse)公爵領
  • フランクもしくはラテン文化グループ
  • No イタリア文化
  • No  自立した封臣 法
大分裂の修復

教会大分裂はキリスト教会を分裂させてしまったが、全ての五大総主教座を単一の帝国の支配下で、聖なる統治者の啓蒙された指導の下に回復することができれば、キリスト教世界の再統合の機会が訪れるだろう。

  • +25% 情熱
  • −25% すべての他のキリスト教宗派の情熱
  • 80% 世界教会主義(Ecumenism)の教義を持っていた異なるキリスト教宗派の各々のキャラクターがあなたの宗派に鞍替えする確率(主にキリスト教宗派)
  • Doctrine ecumenical christian.png あなたの宗派が世界教会主義を持っていなかった場合はそれを得る。
  • Doctrine ecumenical christian.png すべての他のキリスト教宗派は世界教会主義の教義を失う
    • 冷笑的(Cynical)の特性を持つすべてのキャラクターが改宗する。またすべての 狂信的の特性を持つキャラクターがそれを拒絶する。
  • Yes 「統一者(the Ecumenist)」の異名を得る
なし
  • Yes 成人している
  • Yes 独立している
  • Yes 称号階位が皇帝
  • キリスト教
  • Icon piety christian 05.png 献身レベルが宗教的イコン(Religious Icon)
  • Yes アレクサンドリア(Alexandria)、アンティオキア(Antiocheia)、コンスタンティノープル(Constantinople)、エルサレム(Jerusalem)、ローマを掌握している
  • Yes アレクサンドリア、アンティオキア、コンスタンティノープル、エルサレム、ローマの所有者たちが同じ宗派である
カルパティア山脈を越える準備をする

草原の競合部族、特に我々の縄張りを荒らし回り、略奪を重ねるペチェネグの戦士団は我々の生活を益々困難なものにしている。しかしながら、カルパティア山脈を越えた先には肥沃な大地、緑豊かな警告、そして組みし易いパンノニアのなだらかな平原がある…

  • Default cb.png 「パンノニアへの移住」の開戦事由を得る
1000の威信
  • Yes 成人している
  • Yes 平和状態にある
  • Yes 部族制政府
  • Yes 911年以前
  • マジャール(Mogyër)文化
  • 独立していない場合、主君がマジャールではないこと
  • No パンノニア王国における慣習的伯爵領称号を12以上有する
  • No 称号階位が皇帝
  • NoRules.png ゲームルールのハンガリー人の移住(Hungarian Migration)が「即時(Immediate)」である
キリスト教徒の入植を促進

近隣のキリスト教圏からの商人や移民に[title]を開放することで、我が国の発展はうまく行くであろうし、普遍教会との絆も深めることができよう。

  • ハンガリー王国の慣習的領土の一部であるようなすべての伯爵領がハンガリー文化へ変更される
  • ハンガリー王国の慣習的領土の一部であるようなすべての伯爵領は開発度が5以下であれば、1加算される
  • ハンガリー王国の慣習的領土の一部であるようなすべての伯爵領はキリスト教宗派に改宗するかもしれない
  •  ハンガリー王国の慣習的領土の一部であるようなすべての伯爵領は100年の間「キリスト教徒の入植者」の補正を得る。 
    • +10% 月間の開発度
    • −10% 建築物の建築時間
    • −10 領民の評価
2000の威信
500の信仰点
  • Yes 成人している
  • Yes 独立している
  • Yes 平和状態にある
  • マジャール文化グループ
  • 領国首都がマジャール文化である
  • Doctrine ecumenical christian.png 宗派が世界教会主義の教義を持っている
  • 最低でも2人の近隣の独立支配者がキリスト教である
  • Yes ハンガリー王国もしくはカルパチア(Carpathia)帝国を有する
  • No 「タールトシュ派の復活(Revive Táltosism)」
  • No 開始年が1066年
タールトシュ派の復活

キリスト教化には利点があるのかも知れないが、我が臣民のなかにある悲嘆と不安に終わりをもたらしてはいない。恐らくは、古の儀式との因縁を目覚めさせる時が来たのだ…

  • タールトシュ派に改宗する
  • 近親者と封臣が改修するかもしれない
  • Yes 「背教者(the Apostate)」の異名を得る
  • 同じ文化グループの伯爵領は改宗するかもしれない。また25年間にわたり「マジャール人の共感(Magyar Sympathy)」の補正を得る。以下の効果を得る。
    • +25 領民の評価
  • 献身レベルを1つ得るか、以下のいずれかのタールトシュ派の信条(tenet)と交換するかを選択
    •  キリスト教との習合(Christian Syncretism)は占星術(Astrology)に対応
    • 人身御供(Human Sacrifice)は祖先崇拝(Ancestor Worship)に対応
    • 適応性(Adaptive)は幸運の子(Auspicious Birthright)に対応
2000の信仰点
  • Yes 成人している
  • Yes 平和状態にある
  • Yes 封建制政府
  • マジャール文化グループ
  • 領国首都はマジャール文化
  • 名声レベルは最低でも屈指の大成者
  •  絶対的な王権
  • 中世初期時代(Early Medieval era)
  • 神学者(Theologian)の特性
  • Yes ハンガリー王国を自身が所有もしくは封臣が所有
  • No Icon piety pagan 01.png 原始宗教(Pagan religion)
  • No 「キリスト教徒の入植を促進」のディシジョン
ブリタニアを取り戻せ

これらの土地はかつてケルト人によって支配されていたが、文化の重要性と影響力が再び国中に広がっている。より多くの男性と女性がケルトの言葉と文化を受け入れるように、これを公にするのは正しいことだ!

  • ブリタニア地域のすべての伯爵領は「ブリタニアを取り戻せ」の補正を10年間得る。以下の効果を得る。
    • +75% ケルト文化への変更スピード
  • Yes ゴイデル文化グループではなかった場合は「ペンドラゴン(the Pendragon)」の異名を得る
  • Yes ゴイデル文化グループだった場合は「トゥアハ・デ・ダナーン(the Tuatha Dé Danann)」の異名を得る
なし
  • Yes 成人している
  • Yes 平和状態にある
  • ブリソン(Brythonic)もしくはゴイデル(Goidelic)文化グループ
  • すべての有力な封臣がブリソンもしくはゴイデルに属する
  • Yes ブリタニア(Britannia)地域を掌握している
アイルランドでの請求権要求

聖座がアイルランドの未開部族に対する遠征を裁可した場合、ブリテンの島々全てが我らの支配下に入る可能性がある。

  • Default cb.png  100年間、「称賛された伯爵領の征服(Laudably Conquer County)」の開戦事由を得る
1000のゴールド
2000の威信
  • Yes 成人している
  • Yes 独立している
  • Yes 平和状態にある
  • Yes 封建制政府
  • Yes 称号階位が王もしくは皇帝
  • フランク、北ゲルマンもしくは西ゲルマン文化グループ
  • カトリックの宗派
  • 献身レベルが最低でも献身的なしもべ
  • +80 教皇の評価
  • Yes デレ(Deira)、エセックス(Essex)、ランカスター(Lancester)、マーシア(Mercia)を掌握している
  • No アイルランド地域を掌握している
カロリング朝の国境を復元

欧州統合というシャルルマーニュの夢は、彼の息子たちとドイツ王の卑劣さによって水泡に帰したが、フランク人がこのたった一つの目的の下に団結すれば、まだ実現することができる。

  • +350 威信
  • 長子相続の相続法(Primogeniture Law)を得る
  • 文化は紋章学(Heraldry)、騎士、君主大権の革新性を所有していなければそれらを得る。
  • −100 神聖ローマ帝国の称号の所有者からの評価
  • 神聖ローマ帝国の所有者は-350の威信を支払う
  • 神聖ローマ帝国の称号を破壊する
  • Yes 偉大な者(the Great)の異名を得る
なし
  • Yes 成人している
  • Yes 平和状態にある
  • フランク帝国の称号をあなたが所有している
  • Yes 西ヨーロッパ地域に領国首都がある
  • Yes 神聖ローマ帝国の称号を別の誰かが所有している
  • Yes ヨーロッパの西半分を掌握している
  • フランス文化
  • キリスト教
  • 名声レベルが最低でも屈指の大成者
アシュアリー派カリフ領を再興する

正当な支配者が異教徒の手から聖なる都市を取り戻すことで、カリフ領は再興され、アッラーの真の崇拝者を一つの大義の下団結させることができるだろう。

  • +250 信仰点
  • +15% 情熱
  • Yes スンニ派カリフ国(Sunni Caliphate)の称号を得る
なし
  • Yes 成人している
  • Yes 独立している
  • Yes 称号階位が王もしくは皇帝
  • Yes メッカ(Mecca)伯爵領を掌握している
  • Yes ハーシム(Hashimid)、外ヨルダン(Oultrejourdain)、パレスチナ(Palestine)、シャンマル(Shammar)を掌握している
  • 宗派がアシュアリー派
  • 3000の信仰点
  • 「ウトラメール帝国を創設」のディシジョン
血統を強化

活力、美貌、知性はすべて血統の強さの証である。このように祝福された王朝は、これらの贈り物を世代から世代へと伝えるだろう。

  • 王朝は強い血統(Strong Blood)の永続的な補正を得る
なし
  • Yes 王朝の当主
  • No ネガティブな先天的特性
  • Yes 以下の特性のどれか1つ
    •  美人
    •  天才
    •  ヘラクレス
  • Yes 上記の各先天性形質の1つの陽性発現
(ウッコ(Ukko) / ロド(Rod) / ディエヴァス(Dievas))の擁護者

餓狼の群れの如く、諸外国の軍勢が我らが領域を取り囲んでいる。古き手法がこれらを凌ぎ生き延びる術であるならば、我らが同胞の敬意を勝ち得ねばならぬ。(ペルーン(Perun's) / ペルケレ(Perkele's) / ペルクーナス(Perkūnas'))の栄光の下、我ら共に燦然たる闘争の殿堂を打ち建てようぞ。

  • Building hall of heroes.png あなたの所有している( スラブ真言教 /  スオメヌスコ /  ヴァイディル教)の聖地に英雄講堂(Hall of Heroes)を作成する
  • Yes あなたが保有している聖地の建築物スロットを+1する
  • 信仰の擁護者(Defender Of The Faith)を得る
  • 聖戦士(Holy warrior)の特性を得る
  • +25% 情熱
なし
  • Yes いずれかの聖地( スラブ真言教 /  スオメヌスコ /  ヴァイディル教)
    • あなたによって所有されている
  • Yes あなたの献身レベルが 献身的なしもべ(レベル3)以上
  • Yes あなたの封臣(伯爵or公爵/国王/皇帝)が最低でも3/4/5
    • 有力な封臣である
    • あなたの評価が最低でも 60
アフリカ統一

アフリカの人々は誇り高く、勇敢で力強い。しかし、多くの人々が偽りの神々を崇拝している。[god]のもとで団結する時が来た。

  • +750 威信
  • +500 信仰点
  • +25% 情熱
  • 33% 各封臣またはアフリカ地域の伯爵領があなたの宗派に鞍替えする確率
  • Yes 「アフリカの統一者(the Unifier of Africa)」の異名を得る
None
  • Yes アフリカ地域を掌握する
  • Yes 領国首都がアフリカ地域にある
  • 任意のアフリカ文化グループ

領国創始ディシジョン[編集]

以下のユニークディシジョンは、新たな強大な領国をもたらします。

ディシジョン 効果 コスト 要求事項
転輪聖王になる

必要な儀式と式典をもって、天下を統べる正当な支配者としての神聖な地位を宣言する。

  • +750 威信
  • +2 名声レベル
  • +50% 情熱
  • −50% 聖戦(Holy War)の信仰点コスト
  • チャクラヴァルティ(Chakravarti)の特性を得る
  • デカン帝国(Deccan Empire)、ラージャスターン帝国(Empire of Rajastan)、ベンガル帝国(The Bengal Empire)の称号はインド帝国(Empire of India)に置き換わる
  • インド帝国の称号を得る
  • Yes 宗派は「世界の正当な統治者(Rightful Rulers of the World)」の特別な教義を得る
  • 50% 各封臣があなたの宗派に鞍替えする確率
500の信仰点
状況に応じたゴールド
  • Yes 成人している
  • Yes 独立している
  • Icon piety eastern 05.png 献身レベルが「宗教的イコン」
  • Yes 領国首都がインド地域に存在する
  • Yes デカン帝国、ラージャスターン帝国、ベンガル帝国を掌握している
  • Yes 以下の宗教のどれか1つ
    • Religion lamaism buddhism.png 仏教(Buddhism)
    • Religion shaivism.png ヒンディー教(Hinduism)
    • Religion jainism.png ジャイナ教(Jainism)
最も偉大なるハンへの登極

我らの広大な領域から向こう端の小さな集落までの全ての部族長を召集する準備ができている。彼らは私がハンの中のハン、つまりこの空の下にいる全ての者の主であることを宣言するだろう。
ここからだ、我らの征服は。

  • モンゴル帝国の称号を得る
  • モンゴル帝国は高度分割相続制(High Partition)の継承法を得る
  • グレートカーン(the Greatest of Khans)の特性を得る
  • 大ハーン(The Great Khan)の補正を得る
  • Default cb.png 「モンゴルによる王国侵略戦争」の開戦事由を得る
  • 名声レベルが「生ける伝説」になる(まだ到達していない場合)
  • 5000の徴募兵、2000の弓騎兵(Horse Archers)、2000の軽装騎兵(Light Horsemen)、150の重装騎兵(Armored Horsemen)、50のマンゴネル(Mangonels)の軍勢を3つ得る。1400の弓騎兵、2000の軽装騎兵、250の重装騎兵、100のマンゴネルの軍勢を1つ得る。さらにこれは配給を使用しない。
350の威信
状況に応じたゴールド
  • Yes 成人している
  • Yes 独立している
  • Yes 部族制政府
  • Yes 称号階位が王もしくは皇帝
  • Yes 最低でも25の領国サイズ
  • Yes 領国首都がステップ地域(Steppe region)に存在する
  • テングリ教の宗派(Tengriism faith)
  • 名声レベルが最低でも雲上人
  • モンゴル文化グループ
バクトリアの支配権を打ち立てる

何世代にもわたってバクトリア王は文明の交差点を支配してきた。彼らの外套を取り上げキャラバンサライ(隊商宿)からオアシスまで我らが拡大するときが来た。ここでは空の四隅の下で、私たちが統治者である。

  • バクトリア帝国(Empire of Bactria)の称号を得る
  • バルフ伯爵領は「王の通行料(Royal Tolls)」の永続的な補正を得る
350の威信
状況に応じたゴールド
  • Yes 成人している
  • Yes 独立している
  • Yes 封建制政府
  • Yes 称号階位が王もしくは皇帝
  • Yes 領国首都がバクトリア地域に存在する
  • Yes バクトリア地域を掌握している
  • アフガン(Afghan)文化
  • 名声レベルが最低でも屈指の大成者
  • Yes 以下の宗教のどれか1つ
    • Religion lamaism buddhism.png 仏教
    • Religion urartuism.png ゾロアスター教
ウトラメール帝国を創設

アスカロンからオマールへと金色の十字架が輝き、不信心者たちが全て聖地から追放されて初めて、十字軍の聖なる使命が達成される。

  • +150 威信
  • +100 信仰点
  • +15% 情熱
  • −25% アシュアリー派の情熱
  • ウトラメール帝国(Outremer Empire)の称号を得る
  • アラビア王国はウトラメール帝国の慣習的領土の一部となる
  • エルサレム王目はウトラメール帝国の慣習的領土の一部となる
  • メソポタミア(Mesopotamia)王国はウトラメール帝国の慣習的領土の一部となる
  • シリア王国はウトラメール帝国の慣習的領土の一部となる
  • イスラエル王国を所有していればウトラメール帝国の慣習的領土の一部となる
  • 他に王国を所有していればウトラメール帝国の慣習的領土の一部となる
  • ウトラメールに文化が変更される
  • エルサレム伯爵領はウトラメールに文化が変更されるCounty of Jerusalem changes culture to Outremer
  • 文化は常備軍(Men-at-Arms)の革新性を得る
  • 文化は砂漠での戦略(Desert Tactics)の革新性を得る
  • 文化は創始者の以前の文化の革新性をすべて引き継ぐ
  • 文化はレバント(Levantine)文化の中から2つのランダムな革新性を得る
  • 文化はベドウィン(Bedouin)文化の中から1つのランダムな革新性を得る
  • スンナ派カリフ国(Sunni Caliphate)の称号を破壊する
  • 35% 自信が所有する各々の伯爵領の宗派がカトリックに変更する確率
  • 35% イスラム教の各封臣がカトリックに鞍替えする確率
  • 50% 同じ文化グループの各々の封臣がウトラメール文化に変更する確率
なし
  • Yes 成人している
  • Yes 独立している
  • Yes 称号階位が王
  • 宗派がカトリック
  • 名声レベルが生ける伝説
  • Yes ウトラメール地域を掌握している
  • Yes 領国首都がウトラメール地域に存在する
  • Yes 十字軍が可能
  • ビザンツ文化グループではない
ルーム王国を形成する。

小アジアにおけるローマの中心地を[faith]の支配下に置くことによって、我らは[god]の導きの下で新たな、よりよいローマをつくるだろう。

  • +150 威信
  • ルーム王国(Kingdom of Rum)の称号を得る
  • 封臣として独立する場合、以前の主君は以下を得る
    • ルーム帝国の称号に対する曖昧な請求権(Unpressed claim)
    • −100 50年間の評価
なし
  • Yes 成人している
  • Yes 平和状態にある
  • Yes 小アジア(Asia Minor)を掌握している
  • Yes 呂国首都が小アジアもしくはペルシア地域に存在する
  • Icon piety islam 01.png イスラム教
  • 名声レベルが最低でも屈指の大成者
  • Icon piety islam 03.png 献身レベルが最低でも献身的なしもべ
  • Yes 以下のどれか1つ
    • Yes 独立している
    • Icon piety islam 01.png 主君がイスラム教
  • No 称号階位が皇帝
  • No ギリシャ文化
ポルトガルを形成

イベリア半島の西海岸を掌握したら、私はポルトガル王国を形成し、我々の独自の文化を確立することができる。

  • +350 威信
  • ポルトガル王国の称号を得る
  • アルガルヴェ(Algarve)公爵領はポルトガル王国の慣習的領土の一部になる
  • ベージャ(Beja)公爵領はポルトガル王国の慣習的領土の一部になる
  • コインブラ(Coimbra)公爵領はポルトガル王国の慣習的領土の一部になる
  • ポルトゥカーレ(Portucale)公爵領はポルトガル王国の慣習的領土の一部になる
  • すべてのイベリア文化グループのキャラクターと伯爵領がポルトガル文化を受け入れる
  • 文化は1つのランダムな内政(Civic)と軍事の革新性を得る
  • Yes 「偉大な者」の異名を得る
300のゴールド
  • Yes 独立している
  • Yes アルガルヴェ、ベージャ、コインブラ、ポルトゥカーレを掌握している
  • イベリア文化グループ


アラゴン王国の創設

私の領土を流れるアラゴン川は、豊かで肥沃な土地を作り出している。そのような土地は自身が王国になるのに値するものであり、私がそれを一つにする!

  • +350の威信
  • アラゴン王国の称号を得る
  • アラゴン公爵領はアラゴン王国の慣習的領土の一部になる。
  • バルセロナ公爵領はアラゴン王国の慣習的領土の一部になる。
200のゴールド
  • Yes 独立している
  • Yes アラゴン公爵領とバルセロナ公爵量を掌握している
  • Yes 称号階位が伯爵もしくは公爵
ボスニア王国の確立[3]

中央ボスニアの山河の領有権は南北の諸侯たちの間を絶えず行き来してきた。それももうすぐ終わることだろう…

  • ボスニア王国(Kingdom of Bosnia)の称号を得る
  • ボスニア公爵領はボスニア王国の慣習的領土の一部になる。
  • ザフルミア(Zachlumia)公爵領はボスニア王国の慣習的領土の一部になる。
300のゴールド
200の威信
  • Yes 独立している
  • Yes ボスニアとザフルミアを掌握している
  • Yes 首都がボスニアもしくはザフルミアに存在する
  • Yes 封建制もしくは氏族制政府
  • Yes 称号階位が伯爵もしくは公爵
  • 栄光レベルが最低でも評判のいい(Reputable)
  • ボスニアもしくはクロアチアもしくはセルビア文化
  • No 部族時代
イスラエルの復興

今こそイスラエルの子どもたちは、イェルサレムと約束の地の周辺に新たな統一王国を築き、ユダヤ人たちが再び平和で調和した生活を送れるようにするべきだ。

  • +150 威信
  • +100 信仰点
  • +25% 情熱
  • エルサレム王国の称号はイスラエル王国に置き換わる
  • イスラエル王国の称号を得る
  • 33% 自信が所有する各伯爵領が自分の宗派と文化に鞍替えする確率
なし
  • Yes 成人している
  • Yes 独立している
  • Yes 平和状態にある
  • Religion kabarism.png ユダヤ教
  • Religion kabarism.png エルサレム伯爵領はキャラクターの宗派を共有する
  • 名声レベルが最低でも屈指の大成者
  • 献身レベルが最低でも献身的なしもべ
  • Yes 外ヨルダン、パレスチナ、ウルダン(Urdunn)を掌握している
デーンロウの復興

かつてのデーン人と同じやり方で、彼らは今再びこの地を支配するであろう!

  • イングランド王国(Kingdom of England)の称号がデーンロウ王国(Kingdom of the Danelaw)に置き換わる
  • デーンロウ王国の称号を得る
  • デーンロウ王国はスカンディナヴィア選挙制(Scandinavian Elective)の称号継承法を得る
  • Yes 「デーン(the Dane)」の異名を得る
なし
  • Yes 成人している
  • Yes 平和状態にある
  • Yes デレ、イースト・アングリア(East Anglia)、エアースト・セアクセ(East Seaxe)ランカスター、マーシアを掌握している
  • 北ゲルマン文化グループ
コーンウォール王国の復興

ブルータスが初めてブリタニアの霧深き海岸に上陸して以来、古代ドゥムノニアの精神は我々の胸に燻り続けてきた。それは尚も一層、煌々と燃え上がるであろう。

  • コーンウォール王国(Kingdom of Cornwall)の称号を得る
  • ウィッチェ(Hwicce)公爵領を所有していれば、コーンウォール王国の慣習的領土の一部となる
  • ウェセックス(Wessex)公爵領を所有していれば、コーンウォール王国の慣習的領土の一部となる
300ゴールド
  • Yes 成人している
  • Yes 独立している
  • Yes 封建制もしくは氏族制政府
  • Yes 称号階位は伯爵もしくは公爵
  • Yes コーンフォール公爵領を所有しているもしくはそこにある全ての伯爵領を所有している
  • ブリソン(Brythonic)文化グループ
  • 最低でも1つの男爵領がブリソン文化グループである
  • 名声レベルが最低でも雲上人
神聖ローマ帝国の復興

西欧の真の帝国はズタズタに引き裂かれ、シャルルマーニュの遺産は残酷な運命によって打ち砕かれた。ドイツの帝国が尊厳を取り戻すには、強くて敬虔な統治者が必要だ。

  • +750 威信
  • +500 名声
  • +30 30年間の間、現在いる直臣からの評価
  • 神聖ローマ帝国(Holy Roman Empire)の称号を得る
  • 神聖ローマ帝国は選挙王制(Princely Elective)の称号継承法を得る
  • ゲルマニア帝国(the Empire of Germania)が保有しているものを除いたゲルマニア帝国の慣習的領土の王国称号がHREの慣習的領土の一部となる
  • 完全に掌握している保有済みの王国称号は神聖ローマ帝国の慣習的領土の一部となる。
  • 東フランク王国の称号を破壊する
  • Yes 「偉大なるもの(the Great)」の異名を得る
500のゴールド
200の信仰点
  • Yes 成人している
  • Yes 独立している
  • Yes 封建制もしくは氏族制政府
  • Yes 称号階位が王
  • Yes 最低でも140の領国サイズ
  • 東フランク王国(the Kingdom of East Francia)の称号を所有している
  • 最低でも3つの王国称号を所有している
  • キリスト教
  • 名声レベルが最低でも屈指の大成者
  •  Spiritual 宗教指導者
  • Yes 以下のどれか1つ
    • +60 宗教指導者の評価
    • 宗教指導者に対するフック
  • No ビザンツ帝国の称号を所有している者が自信と同じ宗派である
  • No 破門の特性
  • No フランク帝国が存在している
大アルメニアの復活

ギリシアとペルシアだけが皇帝の威厳を保ってきたわけではない。遠い昔、ローマが皇帝というものを知らなかった時代、この地の君主は王の中の王であった。その時代がふたたび訪れるかもしれない

  • 大アルメニア帝国(the Empire of Greater Armenia)の称号を得る
  • アルメニア地域で所有しているすべての王国称号が大アルメニア帝国の慣習的領土の一部となる
2000の威信
1000の信仰点
  • Yes 成人している
  • Yes 独立している
  • Yes 封建制もしくは氏族制政府
  • Yes 称号階位が王
  • Yes アルメニア地域を掌握している
  • Yes 以下のどれか1つ
    • アルメニア文化
    • 宗派が使徒教会(Apostolic)
オーストリア大公国を形成

帝国内で十分な影響力を得ることにより、オーストリア公国は他のどの選帝侯よりも大きな尊厳を達成することができるだろう。

  • +350 威信
  • オーストリア大公国(Archduchy of Austria)の称号を得る
  • 長子相続法を得る
  • オーストリア公爵領がオーストリア大公国の慣習的領土の一部となる
  • ケルンテン(Carinthia)公爵領を掌握していれば、オーストリア大公国の慣習的領土の一部となる
1000ゴールド
  • Yes 成人している
  • Yes 平和状態にある
  • Yes オーストリア地域を掌握している
  • Yes 皇帝と同じ宗派
  • Yes 皇帝と同じ王朝、もしくは工程に対して強いフック(strong hook)を持っている
  • 神聖ローマ帝国の称号を自信が所有している、もしくはその封臣である。
  • 名声レベルが最低でも屈指の大成者
  • No 称号階位が王
スイス連邦の形成

アルペン・カントンがすべて統合されれば、帝国は彼らの主張を統一連邦として認めなければならないだろう。

  • +350 威信
  • スイス王国(Kingdom of Switzerland)の称号を得る
  • クッレツィア(Currezia)公爵領がスイス王国の慣習的領土になる
  • トランスユラニア(Transjurania)公爵領がスイス王国の慣習的領土になる
  • サヴォイ(Savoy)公爵領を掌握していれば、スイス王国の慣習的領土になる。
  •  政府が封建制または氏族制の場合、絶対的な王権法を得る
250ゴールド
  • Yes 成人している
  • Yes 平和状態にある
  • No 王国称号を自信で所有していない
  • Yes クッレツィア公爵領とトランスユラニア公爵領を掌握している
  • 主君が帝国称号を所有している
  • 名声レベルが最低でも屈指の大成者
  • 中部ゲルマングループもしくはチザルピーナ(Cisalpine)文化もしくはフランク文化もしくはイタリア文化もしくはランゴバルド(Lombard)文化もしくはオック文化
ブルグントの統一

フランク人に支配されるようになって以来、ブルグントの土地は外国の王たちによって分割されてしまった。もし、全てのブルグント人が一つの旗の基に統一されることがあれば、彼らはヨーロッパにおける主権国の立場を取り戻すことができただろう。

  • +150 威信
  • ブルゴーニュ王国(Kingdom of Burgundy)の称号を得る
  • オック文化でなければオック文化に変更される
  • 文化が土地管理人(Bailiffs)、ブルス(Burhs)、ギルドの革新性を発見する
  • 独立する
  • 以前の主君はブルゴーニュ王国の称号に対する曖昧な請求権を手に入れる
  • 50年間の間、以前の主君の評価が−100になる
1000ゴールド
  • Yes 成人している
  • Yes 平和状態にある
  • Yes 領国首都がブルゴーニュ地域に存在する
  • Yes ブルゴーニュ地域を掌握している
  • Yes 称号階位が伯爵もしくは公爵
  • フランスもしくはオック(Occitan)文化
  • 主君が神聖ローマ帝国もしくはフランク帝国もしくはフランス王国の称号を所有している
  • 名声レベルが最低でも屈指の大成者
イタリアの統一

イタリアの荒廃した都市国家と野蛮な領域が帝国の支配下に再びもたらされた場合、半島全体がその威厳と権力を取り戻すだろう。

  • +350 威信
  • クロアチア王国(Kingdom of Croatia)とシチリア王国がイタリア帝国(Empire of Italia)の慣習的領土の一部となる
  • 文化はギルド(Guilds)、常備軍(Men-at-Arms)、パイク縦隊(Pike Columns)の革新性を発見する
なし
  • Yes 成人している
  • Yes 独立している
  • Yes 平和状態にある
  • イタリア帝国の称号を自信で所有している
  • Yes イタリア地域とイリュリクム(Illyricum)地域を掌握している
  • Yes 領国首都がイタリア地域に存在する
  • イタリアもしくはローマ文化
  • 名声レベルが最低でも雲上人
  • No 「カロリング朝の国境を復元」のディシジョン
スラヴの統一

すべてのスラヴ民族が統一すれば、我々を止めることができる者はいない。私は世界でこれまでに知られている最強の帝国をもたらすだろう!

  • +750 威信
  • 文化は他のスラブ文化から革新性を3つまで得る。
  • スラブ帝国の称号を得る
  • すべての所有するスラブ王国の称号がスラブ帝国の慣習的領土の一部となる
  • Yes 男性の場合「ボガティーリ(the Bogatyr)」の異名を得る
  • Yes 女性の場合「ポリアニツァ(the Polyanitsa)」の異名を得る
600ゴールド
  • ヴラフ(Vlach)を除く、東スラブ(East Slavic)または西スラブ(West Slavic)または南スラブ(South Slavic)文化グループ
  • Yes スラブ地域を掌握している
南スラヴの統一

我々が初めてこの土地に来た時、我々は一つの民族だった。年月を経て、我々はあちこちに散らばり、多くの部族へと分かれた。外国勢力が我々の戸口に潜んでいる今、再び結束する時が来た。

  • +750 威信
  • 文化は1つのランダムな内政と軍事の革新性を得る
  • すべての所有する南スラブ王国(South Slavic kingdom)の称号が主要称号のもとに統合される
なし
  • ヴラフ(Vlach)を除く南スラブ文化グループ
  • Yes ブルガリア、クロアチア、モルダヴィア、セルビア、ワラキアを掌握している
  • Yes 主要称号が皇帝で無い限り、ブルガリア、クロアチア、モルダヴィア、セルビア、ワラキア
西スラヴの統一

我々が初めてこの土地に来た時、我々は一つの民族だった。年月を経て、我々はあちこちに散らばり、多くの部族へと分かれた。外国勢力が我々の戸口に潜んでいる今、再び結束する時が来た。

  • +750 威信
  • 文化は1つのランダムな内政と軍事の革新性を得る
  • すべての所有する西スラブ王国(West Slavic kingdom)の称号が主要称号のもとに統合される
  • 政府が封建制もしくは氏族制の場合は王権法が次のレベルに昇格する
なし
  • 西スラブ文化グループ
  • Yes ボヘミア(Bohemia)、大モラヴィア(Great Moravia)、ポーランド、ポメラニアを掌握している
  • Yes 主要称号が皇帝で無い限り、ボヘミアもしくは大モラヴィアもしくはポーランドもしくはポメラニア
スペインの王位を統一する

[title]の旗の下に、スペインの王位を再び統一する時が来た。

  • +750 威信
  • すべての所有するスペイン王国の称号が主要称号の元に統合される
  • 政府が封建制もしくは氏族制の場合は王権法が次のレベルに昇格する
なし
  • イベリア文化グループ
  • Yes カスティーリャ(Castille)、レオン(Léon)、ガリシア(Galicia)を掌握している
  • Yes 主要称号が皇帝で無い限り、カスティーリャもしくはレオンもしくはガリシアもしくはポルトガル
  • Yes 西暦1000年以上である

ローマ帝国の復興[編集]

「ローマ帝国の復興(Restore the Roman Empire)」 と名付けられた3つの別々のディシジョンがあり、これを手にした者はローマ帝国に変態することが許可されます。これらは説明と要求事項が異なっています。これらの称号ごとにディシジョンがあります。[4]

キャラクターがこれらの称号を同時に保有している場合、最初に表示される称号のディシジョンが優先されます(即ちビザンツ帝国>神聖ローマ帝国>イタリア帝国)。新たなローマ帝国はディシジョンに応じた各称号の称号履歴(title history)を引き継ぎます。

ディシジョン 効果 コスト 要求事項
ローマ帝国の復興
(ビザンツ帝国)

かつての帝国の主要地域及び帝都ローマを取り戻すことができたなら、ビザンツ帝国は西欧の人々にも真にして正当たるローマ帝国の後継者と認識されるだろう。

  • すべての保有している皇帝称号がローマ帝国に置き換わる
  • Default cb.png 「帝国領土の回復」の開戦事由を得る
  • アウグストゥス(Augustus)の特性を得る
  • Yes 栄光ある(the Glorious)のニックネームを得る
  • Yes ビザンティオン(Byzantion)もしくはローマが首都ではなかった場合、首都はビザンティオン(文化がビザンツグループのどれかだった場合)もしくはローマ(文化がその他だった場合)に移動する。必要に応じて称号を剥奪する。[5]
なし
  • Yes 成人している
  • Yes 独立した支配者である
  • Yes 投獄されていない
  • Yes 封建制または氏族制または共和制政府
  • Yes 以下の称号を保有(hold)しているか掌握(control)していること:ラティウム(Latium)公爵領、ヴェニス(Venice)公爵領、ロマーニャ(Romagna)公爵領、シチリア公爵領、ジェノヴァ(Genoa)公爵領、カプア(Capua)公爵領、アプリア(Apulia)公爵領、トラキア(Thrace)公爵領、アンティオキア(Antioch)公爵領、パレスチナ(Palestine)公爵領、アレクサンドリア(Alexandria)公爵領、アテネ(Athens)公爵領、チュニス(Tunis)公爵領、クロアチア公爵領、テッサロニカ(Thessalonika)公爵領
  • No ローマ帝国がすでに復興されていないこと
  • 名声レベルが生ける伝説
  • ビザンツ帝国を所有している
  • Yes 以下のどれか1つが真
    • キリスト教である
    • 古代ローマ・ギリシャ宗教(Greco-Roman religion)である
    • ローマ文化である
ローマ帝国の復興
(神聖ローマ帝国)

かつての帝国の古い州が十分に回復された時、神聖ローマ帝国は東欧から、ローマ国家の真の正当な継承者としての認識を勝ち取るだろう。

  • すべての保有している皇帝称号がローマ帝国に置き換わる
  • Default cb.png 「帝国領土の回復」の開戦事由を得る
  • アウグストゥス(Augustus)の特性を得る
  • Yes 栄光ある(the Glorious)のニックネームを得る
  • Yes ローマが首都ではなかった場合、そこに首都が移動する。必要に応じて称号を剥奪する。[5]
  • ローマ帝国は神聖ローマ帝国の紋章と固有色を手に入れる
  • ビザンツ帝国皇帝が自分と別の者だった場合は、その者は35のストレスを得る[6]
なし
  • Yes 成人している
  • Yes 独立した支配者である
  • Yes 投獄されていない
  • Yes 封建制または氏族制または共和制政府
  • Yes 以下の称号を保有(hold)しているか掌握(control)していること:ラティウム(Latium)公爵領、ヴェニス(Venice)公爵領、ロマーニャ(Romagna)公爵領、シチリア公爵領、ジェノヴァ(Genoa)公爵領、カプア(Capua)公爵領、アプリア(Apulia)公爵領、トラキア(Thrace)公爵領、アンティオキア(Antioch)公爵領、パレスチナ(Palestine)公爵領、アレクサンドリア(Alexandria)公爵領、アテネ(Athens)公爵領、チュニス(Tunis)公爵領、クロアチア公爵領、テッサロニカ(Thessalonika)公爵領
  • No ローマ帝国がすでに復興されていないこと
  • 名声レベルが生ける伝説
  • 神聖ローマ帝国を所有している
  • ビザンツ帝国を所有していない
  • キリスト教である
ローマ帝国の復興
(イタリア帝国)

イタリアはすでに帝国の支配下にある。我々が残した唯一のものは、我々の新たなローマ帝国への尊厳を回復するため、歴史的な州を取り戻すことだ。

  • すべての保有している皇帝称号がローマ帝国に置き換わる
  • Default cb.png 「帝国領土の回復」の開戦事由を得る
  • アウグストゥス(Augustus)の特性を得る
  • Yes 栄光ある(the Glorious)のニックネームを得る
  • Yes ローマが首都ではなかった場合、そこに首都が移動する。必要に応じて称号を剥奪する。[5]
  • 復興させたものが古代ローマ・ギリシャ宗教だった場合、ビザンツ及び神聖ローマ帝国の皇帝達が Zealous狂信的かつキリスト教だった場合に限り、10のストレスを得る。[7]
なし
  • Yes 成人している
  • Yes 独立した支配者である
  • Yes 投獄されていない
  • Yes 封建制または氏族制または共和制政府
  • Yes 以下の称号を保有(hold)しているか掌握(control)していること:ラティウム(Latium)公爵領、ヴェニス(Venice)公爵領、ロマーニャ(Romagna)公爵領、シチリア公爵領、ジェノヴァ(Genoa)公爵領、カプア(Capua)公爵領、アプリア(Apulia)公爵領、トラキア(Thrace)公爵領、アンティオキア(Antioch)公爵領、パレスチナ(Palestine)公爵領、アレクサンドリア(Alexandria)公爵領、アテネ(Athens)公爵領、チュニス(Tunis)公爵領、クロアチア公爵領、テッサロニカ(Thessalonika)公爵領
  • No ローマ帝国がすでに復興されていないこと
  • 名声レベルが生ける伝説
  • イタリア帝国の称号を所有している
  • ビザンツ帝国も神聖ローマ帝国も所有していない
  • イタリアは統一された
  • 下のどれか1つが真
    • ローマ文化である
    • イタリア文化かつキリスト教である
    • イタリア文化かつ古代ローマ・ギリシャ宗教である

文化作成ディシジョン[編集]

こちらも参照: 文化#創始可能な文化一覧

以下のディシジョンはキャラクターに新たな 文化を作ることを許可します。

ディシジョン 効果 コスト 要求事項
イングランド文化を受容

我が封臣と家族、そして私はサクソン人とケルト人と並んで暮らしており、我々の言語や習慣が彼らのものと混ざり合ったことで、我々が一つになったという事実を受け入れる時が来た。

  • +150 威信
  • 文化がイングランドに転向する
  • 家族(Family Members)は文化をイングランドに変更する
  • イングランド王国の慣習的領土内のすべての所有する伯爵領がイングランド文化に変更される確率40%を持つ
  • イングランド文化はノルマン(Norman)とアングロサクソン文化の革新性をいくつか得る
なし
  • Yes 成人している
  • イングランド王国の称号を保有している
  • Yes 領国首都がイングランド王国内に存在する
  • フランク文化グループ


ウトラメール文化を受容

レバント地方へのヨーロッパ人の侵入は多くの耳障りな文化を一つにした。彼らの衝突から、新たなウトラメールのアイデンティティが生まれつつある。

  • 文化がウトラメールに転向する
  • 同じ王朝内の廷臣達がウトラメール文化に転向する
  • 領国首都がウトラメール文化に転向する
  • 中東(Middle-East)地域にある直轄領(Domain counties)はウトラメール文化に転向する
なし
  • フランク文化グループ
  • キャラクターもしくは主君がキリスト教の宗派である
  • 「ウトラメール帝国を創設」のディシジョン
  • Yes 領国首都がアフリカ地域もしくは中東地域もしくはペルシア地域に存在する
  • Yes 以下のどれか1つ
    • ウトラメールにおいて帝国称号を保有している
    • 主君がウトラメールにおいて帝国を保有している
    • 主君がウトラメール文化に属している
    • 名声レベルが最低でも雲上人
  • No ローマ文化


ノルマン文化の確立

我々の古い伝統は我々新しい故郷ではうまく機能していない。地元の人々に目を向け、彼らから何が学べるかを見極める必要がある。

  • ノルマン文化に転向する
  • 北フランス(Northern France)地域におけるノースとフランス文化のキャラクター達がノルマン文化に転向する
  • 文化はノース文化とフランス文化が発見済みの革新性をすべて得る
  • Yes ネウストリア公爵領はノルマンディ(Normandy)公爵領と名前を変える
なし
  • Yes 平和状態にある
  • Yes ネウストリア公爵領を保有かつ完全に掌握している。
  • ノース(Norse)文化
  • ネウストリア(Neustria)公爵領の慣習的領土内にある最低でも1つの伯爵領がフランス文化
  • No ノルマン文化が存在していない

宗教ディシジョン[編集]

これらのディシジョンは最低でも1つの宗派に大きく影響します。

基本[編集]

ディシジョン 効果 コスト 要求事項
異端であるボスニア教会を告発する

何年もの間、未開なボスニア高原には、東西両教会に属さない宗派が存在していたのだが、どちらもこの逸脱した宗派の伸長に構うことはなかった。

しかし、それももはやこれまでだ!我々は[region head]を正式に異端であると宣言するべきであり、彼らに隠れる場所はどこにもない!

  • 宗教指導者がこれを拒んだときは、彼らの 評価が−30され、30年間このディシジョンを使うことができなくなる
  • 宗教指導者がこれに賛同したときは、彼らの 評価が+30され、ボスニア教会はDoctrine ecumenical christian.png 世界教会主義(Ecumenism)の教義を失う
    • キャラクターが 強いフックを持っていた場合には宗教指導者は常に賛同する
250 信仰点
  • Yes 成人している
  • Yes 独立している
  • Yes 称号階位が最低でも公爵
  • Yes 封建制もしくは氏族制政府
  • Yes 宗派には宗教指導者がいる
  • Doctrine ecumenical christian.png キャラクターの宗派が世界教会主義の教義を持っている
  • Doctrine ecumenical christian.png ボスニア教会(Krstjani faith)が世界教会主義の教義を持っている
  • 献身レベルが最低でも献身的なしもべ
  • 最低でも8の領国サイズを持つ隣接する公爵がボスニア教会の教義に従っている
  • No 破門の特性
全地総主教庁の回復

コンスタンティノープルを支配する敬虔で影響力のある統治者だけが、全地総主教庁を清め、偶像崇拝と腐敗のないより純粋な形へと復元することができるだろう。

  • +250 信仰点
  • +15% 情熱
  • −30% 聖像破壊派(Iconoclasm)の情熱
  • Doctrine ecumenical christian.png 正教会は世界教会主義の教義を得る
  • Doctrine ecumenical christian.png 聖像破壊派は世界教会主義の教義を失う
  • 全地総主教は聖像破壊派総主教庁(Iconoclast Patriarchate)に置き換わる
なし
  • Yes 成人している
  • Yes 独立している
  • Yes 称号階位が王もしくは皇帝
  • コンスタンティノープル伯爵領の称号を所有している
  • 1500の信仰点
  • 宗派が正教会
  • No 全地総主教(Ecumenical Patriarchate)
聖像破壊派総主教庁の確立

コンスタンティノープルを支配する敬虔で影響力のある統治者だけが、全地総主教庁を清め、偶像崇拝と腐敗のないより純粋な形へと復元することができるだろう。

  • +250 信仰点
  • +15% 情熱
  • −30% 正教会の情熱
  • Doctrine ecumenical christian.png 聖像破壊派は世界教会主義の教義を得る
  • Doctrine ecumenical christian.png 正教会は世界教会主義の教義を失う
  • 聖像破壊派総主教庁は全地総主教に置き換わる
なし
  • Yes 成人している
  • Yes 独立している
  • Yes 称号階位が王もしくは皇帝
  • コンスタンティノープル伯爵領の称号を所有している
  • 1500の信仰点
  • 宗派が聖像破壊派
  • No 聖像破壊派総主教庁
大祭司制度の復興

[religious head]の職 —— ユダヤ教の大祭司 —— は、ローマによる第二神殿の破壊以来空位のままである。しかし、十分に古くからの聖地に対する支配を回復し得るのであれば、新たな大司祭を立ててもよいだろう。

  • +300 威信
  • +250 信仰点
  • +10% 情熱
  • とあるランダムキャラクターが宗教指導者になり、自分の封臣となる
なし
  • Yes 成人している
  • Yes 独立している
  • Yes 平和状態にある
  • Yes 最低でも3つの聖地を掌握している
  • 1000の信仰点
  • Yes 以下のどれか1つ
    • Religion kabarism.png 史実におけるユダヤ教宗派(サマリア教を除く)
    • Religion zoroastrian.png 史実におけるゾロアスター教宗派
教皇領の解体

イタリア半島全体が[faith]の支配下に置かれれば、我々はこの世界からカトリックの異教徒を永久に消し去ることができるようになるだろう。

  • +500 信仰点
  • +50% 情熱
  • −100% カトリックの情熱
  • Doctrine ecumenical christian.png カトリックは世界教会主義の教義を失う
  • Yes 元教皇はキャラクターの宗派に改宗する
  • 教皇領称号(Papacy title)を破壊する
なし
  • Yes 成人している
  • Yes 独立している
  • Yes 称号階位は王もしくは皇帝
  • Yes イタリア地域を掌握している
  • Yes 領国首都はアフリカ地域もしくはヨーロッパ地域もしくは中東地域に存在する
  • Yes 宗教が以下のどれか1つ
    • ノース原始宗教
    • Icon piety islam 01.png イスラム教
    • 古代ローマ・ギリシャ宗教
    • Religion slavic.png スラヴ原始宗教
    • Religion baltic.png バルト原始宗教
  • No 宗派が平和主義(Pacifism)もしくはキリスト教との習合(Christian Syncretism)の信条を持っていない
  • No 教皇が所領持ちである
教皇領の回復

もし敬虔なカトリックが聖ペテロ世襲領の中核的な領地を回復したなら、聖座は再びバチカンにおいて然るべき場所に復活することができるだろう。

  • +250 信仰点
  • +15% 情熱
  • 宮廷司祭(Court Chaplain)はローマ伯爵領、ラティウム公爵領、スポレート公爵領の称号を含む教皇領を得る。
  • Doctrine ecumenical christian.png カトリックは世界教会主義の教義を得る
なし
  • Yes 成人している
  • Yes 独立している
  • Yes 称号階位が王もしくは皇帝
  • 宗派がカトリック
  • 3000の信仰点
  • ローマ伯爵領の称号を所有している
  • Yes アンコーナ(Ancona)、ラティウム(Latium)、ロマーニャ(Romagna)、スポレート(Spoleto)を掌握している
食人嗜好

我らの創造主たる[god]は、その似姿で我らを創造した。神の鏡像を摂取することで、我らは[god]により近づく。

  • −50% 食人儀式の信条を持った宗派の作成もしくは改宗の信仰点コスト
  • すべての近親者が食人嗜好者の特性を得る
  • すべての脅迫された封臣は食人嗜好者の特性を得る
  • Yes 「暴食者(the Devourer)」の異名を得る
250の信仰点
  • Yes 成人している
  • 食人嗜好者(Cannibal)の特性もしくは食人嗜好者の秘密
  • 宮廷司祭が食人嗜好者(Cannibal)の特性もしくは食人嗜好者の秘密を持つ
  • 献身レベルが最低でも献身的なしもべ
  • 宗教指導者が存在する場合は、その評価が+40
  • No 宗派が食人儀式(Ritual Cannibalism)の信条を持つ
  • 1つの宗派に対して一回のみ利用可能

偽った改宗ディシジョン[編集]

これらのディシジョンは偽った宗派改宗(false faith conversion)に関連しています。

ディシジョン 効果 コスト 要求事項
偽った改宗を取り消す[8]
  • 元の宗派に戻る
  • 独立している場合は残りのすべての偽りの改宗を行った伯爵領が元の宗派に戻る。影響があった伯爵領は偽りの改宗者の疑い の補正を失い、25年間安堵した隠れ信徒」の補正を得る。
  • 冷笑的である場合は 35のストレスを得る。[9]
250の信仰点
  • 成人している
  •  狂信的ではない
  • 贖罪されたボスニア教会(atoned Krstjani)はこれを行えない(ボスニア教会の異端を告発する)
  • 偽った改宗をした
  • 宗教指導者ではない
20年
偽りの改宗者への恩赦
  • ディシジョンの実施者の宗派が 多元主義の場合、AIの封臣、客人、廷臣が本来の宗派の元で、彼らの偽った信仰と比較してディシジョンの実施者から同等、もしくはより寛容に扱われるのであれば、彼らの全員が改宗する。さらに以下の条件を満たす必要がある
    •  狂信的ではない
    • 偽った宗派の宗教指導者ではない
    • 秘密裏にディシジョンの実施者の宗派を信奉しているのを除いて、 嘘つきでも 疑心暗鬼でもない。
  •  多元主義や独立した支配者の場合、領国(sub-realm)の伯爵領も寛容(tolerance)の要求事項を満たせば改宗される
  • 一方でディシジョンの実施者が 多元主義でない場合、AIの封臣、客人、廷臣、および領国(sub-realm)の伯爵領は、ディシジョンの実施者の宗派が秘密裏に信奉されていた場合において、その元の宗教だけに改宗する。
  • すべての場合において、改宗された伯爵領は 偽りの改宗者の疑いの補正を失い、 安堵した隠れ信徒の補正を25年間得る。さらに改宗されたキャラクターは 「信教の自由を推進した(Promoted Religious Freedom)」(+30, −0.1/月)のディシジョン作成者の評価補正を25年間得る。
  • 偽りの改宗をしたプレーヤーの封臣は、自分の宗派を明かすか、それを秘密にするかの選択を与えられる。
  • このディシジョンを取得した 正直と お人好しのキャラクターは 10のストレスを得る。
250の信仰点
  • 以下のどれか1つが真
    •  多元主義であり、なおかつ、全ての封臣、もしくは偽った宗派に改宗された支配者の所領内の伯爵領に対して、ディシジョンの実施者が本来の宗派を偽った信仰よりも、あるいは偽った宗派と同様に寛容に扱っている。
    • あらゆる封臣もしくは領国の伯爵領が秘密裏にディシジョンの取得者の宗派を信奉している
  • 成人している
  •  狂信的ではない
  • 20以下の 恐怖(Dread)
  • 暴政を持っていない
10年

小ディシジョン[編集]

以下のディシジョンはクールダウン期間を持ち、世界には大きな変化は与えません。

基本[編集]

ディシジョン 効果 コスト 要求事項 クールダウン
侍医を探す(Search for Physician)

侍医は我が宮廷において病気や怪我を治療するためには必要不可欠だ。従者たちに命じ4人の適切な候補者を連れてこさせよう。

  • 2週間以内に宮廷医師を雇用する以下の選択肢のどれか1つを得る。
    • 5~10の 学識を持つキャラクター
    • 10~15の 学識を持つキャラクター
    • 首都である伯爵領にいれば、1~15の 学識の学識と、 賢者もしくは 秘法家の特性をもつキャラクター
    • ディシジョンを選択したキャラクターが最低でも15の 学識を持っている場合は15の 学識を持つキャラクター
なし
  • なし
1年
騎士を招待する

[realm]の[title]として、国を守り新天地を征服する勇敢な騎士が必要である。 熟練した戦士を探していることを臣下に知らせるため伝令を送るのだ。

  • Doctrine gender male dominated.png 宗派が男性優位(Male Dominated)の教義を持っている場合、12以上の武勇を持った3人の男性が向こう3年以内に客人として到着する。
  • Doctrine gender equal.png 宗派が平等(Equal)の教義を持っている場合、12以上の武勇を持った3人のキャラクターが向こう3年以内に客人として到着する
  • Doctrine gender female dominated.png 宗派が女性優位(Female Dominated)の教義を持っている場合、12以上の武勇を持った3人の女性が向こう3年以内に客人として到着する
150 威信
  • なし
10年
請求者を招待する(Invite Claimants)

領土を拡大するためには国外の土地に対する正当な請求権が必要だ。幸運なことに軍事援助の見返りとして封臣となることを厭わない多くの請求者がいる。

  • Yes 向こう5年以内に関連する請求権を持った3人のキャラクターが客人として到着する
伯爵の場合は150の威信
公爵の場合は350の威信
国王の場合は750の威信
皇帝の場合は1500の威信
  • Yes 称号階位が最低でも公爵
10年
地元の文化へ転向する(Convert to Local Culture)

正直なところ、私の伝統と首都の人々の伝統との違いはほとんどない。我々は同じ聖日、同じ祝宴を見出すことができるし、我々の言語さえほとんど同じものになった。

  • 領国首都の文化を採用する
  • 20% 各封臣がキャラクターの文化に変更する可能性
300の威信
  • Yes 成人している
  • Yes 平和状態にある
  • 領国首都が異なる文化である
生涯(Lifetime)
修道会から借金をする(Borrow Gold from Holy Order)

私は金を必要としているが、助力を得るのに[god]のしもべたちより優れたものがあろうか?手紙を送って返事がもらえると良いのだが。

  • 状況に応じたゴールド
  • 借金が返済されなければ、聖戦騎士団は請求をするだろう
  • キャラクターが死んだ場合、借金も継承されます。
50の信仰点
  • Yes 同じ宗派と十分なゴールドを持つ任意の聖戦騎士団
  • Yes 有効な借金が存在しない
15年
聖戦騎士団への貸与を取り消す(Revoke Holy Order Lease)

[barony]に駐留していた聖戦騎士団は良い仕事をしてきたが、今は他のことを行うためにその所領が必要となっている。

  • 聖戦騎士団から男爵領称号を取り上げる
  • 聖戦騎士団の団長(grandmaster)からの評価が−40
  • 宗教指導者が存在していれば、その評価が−20
500の信仰点
  • Yes 成人している
  • Yes 平和状態にある
  • Yes 聖戦騎士団の男爵領の慣習的領土の伯爵領を所有している
なし
大ハーンに服従する(Submit to the Great Khan)

今こそモンゴル人が本当の世界の支配者であることを認める時だ。奴らと戦うのではなく、仲間となろう。

  • モンゴル帝国の封臣となる
  • War outcome white peace.png すべての攻撃戦争が白紙和平に終わる
なし
  • Yes 独立している
  • Yes モンゴル帝国と領国の国境が隣接している
  • No 称号階位が皇帝
なし
ローマに戻る

教皇聖下はローマにおいて彼の地位を追われた。この最も神聖な地を正当な所有者に返すことは、カトリック教徒としての私の神聖な義務である。

  • Yes 教皇はローマ伯爵領の称号を得る
  • +250 信仰点
  • +20 教皇の評価
  • キャラクターが野心的(Ambitious)の特性を持っている場合、ストレスが+10
  • キャラクターが冷笑的の特性をを持っている場合は、ストレスが+30
なし
  • Yes 独立している
  • ローマ伯爵領の称号を所有する
  • 宗派がカトリック
なし
ルーン石碑を建立する(Raise a Runestone)

[relation], [ancestor]はこの世を去った。私は彼の人生を称え、[dynasty]の名を持つすべての人々に名声をもたらすため、ルーン石碑を建立しよう。将来の世代は、[ancestor]の素晴らしさを決して忘れることはないだろう!

  • +100 信仰点
  • 同じ宗派の封臣の評価が+10
  • 首都である伯爵領がルーン石碑(Runestone)の永続的な補正を得る
なし
  • 宗派がアゥサトゥルー(Ásatrú)
  • 死んだ祖先
なし
バクティを決定する(Determine Bhakti)

すべての敬虔な[faith follower]はバクティ、つまり自分の魂と最も強く共鳴する特定の神や女神への献身を持つべきである。
私は様々な神の存在について熟考し、最も私に求められるのがどれかを決める必要がある。

  • 宗派がヴィシュヌ派である場合は、以下のいずれかの恒久的なボーナスを選択もしくは置き換える。
    •  ストレス利得が−33% 中程度の健康増進
    • 同じ宗派からの直轄領の 税収が+10%、月間の管理ライフスタイル経験値が+20%
    •  軍事が+2、支配地域での防衛側 アドバンテージが+3
    •  学識が+2、月間の信仰点が+20%
  • 宗派がシヴァ派(Shaivism)である場合は、以下のいずれかの恒久的なボーナスを選択もしくは置き換える。
    •  生殖力が+25%、魅了の 評価が+10、近縁者の 評価が+10
    • 攻撃側の アドバンテージが+4 武勇が+4
    • 配偶者の 評価が+20 近縁者の評価(Close Relative Opinion)が+10、王朝の 評価が+10
    • Focus invalid.png 月間のライフスタイル経験値が+20%、宗教的な(Religious)封臣の 評価が+10
  • 宗派がスマルータ派(Smartism)である場合は、以下のいずれかの恒久的なボーナスを選択もしくは置き換える。
    •  管理が+2、直轄領の税収が+5%、魅了の 評価が−10
    •  外交が+2 学識が+2
    • 封臣の評価が+10 ささやかな健康増進
    • 王朝の評価が+10、信仰への敵意の アドバンテージが+2
  • 上記の宗派に当てはまらない場合は、以下のいずれかの恒久的なボーナスを選択もしくは置き換える。
    •  ストレス利得が−33% 中程度の健康増進
    •  学識が+2 月間の威信が+20%
    •  武勇が+4、信仰への敵意(Faith Hostility)の アドバンテージが+4
    •  管理が+2、直轄領からの税収が+5%、魅了の{icon|opinion}} 評価が−10
パトロンとなる神(patron deity)がいない場合は100の信仰点
パトロンとなる神がいる場合は500の信仰点
  • Yes 宗派がバクティ(Bhakti)の信条を持つ
なし
星を読む(Divine the Stars)

我々の運命は星自体に書かれている。それらを研究することで、私は未来がどうなるかについての洞察を得られるかもしれない...

  • 10年間の間、1つのランダムな補正を得る
    • +2  外交、 +25% 月間の外交ライフスタイル経験値、 −2  軍事
    • +2  軍事、 +25% 月間の軍事ライフスタイル経験値、−2  学識
    • +2  管理、+25% 月間の管理ライフスタイル経験値、−2  策略
    • +2  策略, +25% 月間の策略ライフスタイル経験値、−2  外交
    • +2  学識, +25% 月間の学識ライフスタイル経験値、−2  管理
なし
  • Yes 宗派が占星術(Astrology)の信条を持っている
なし
あなたの祖先に鳥葬を認める

[relation] [ancestor]が亡くなりました。伝統に則るならば彼は鳥葬されねばなりません。彼の遺体は腐肉動物の御馳走として安置され、そうすることで彼にかつて恵みを与えていた世界へその恵みを返すのです。

  • +250 信仰点
  • +20 同じ信条を持つ宗派の封臣の評価
なし
  • Yes 宗派が鳥葬(Sky Burials)の信条を持つ
  • 死んだ祖先
なし
断食を開始する(Initiate Endura)

私の人生の終わりが近づいているため、断食の儀式を開始することで、私の魂の罪を清め、この世界から先へと進む必要がある。

  • キャラクターが死ぬ
  • +1 献身レベル
なし
  • Yes 宗派が救慰礼(Consolamentum)の信条を持つ
  • Yes 以下のどれか1つ
    • Yes 60歳
    • 健康が重体(Near Death)もしくは瀕死(Dying)になる
    •  無能力者の特性
なし
精霊の助けを求める(Seek Aid of the Spirits)

精霊たちは我々の周りのあらゆる世界に生きており、一部は助けになり、一部は悪意を持ち、一部は人間の生活に無関心だ。
私は祭司に、私の努力を助けるため彼らを呼び出すよう頼むことがでるが、結果がどうなるかはわからない...

  • 神への捧げもの(offering)を選択する
    • キャラクターが 冷笑的もしくは 強欲の特性を持つ場合、高価な捧げものは+40 ストレスになる
    • キャラクターが 寛大もしくは 謙虚の特性を保つ場合、捧げものをしないことは+40 ストレスになる
  • 以下のどれか1つが発火する
    • ポジティブな1つの効果がでる
      • ネガティブな特性があればそれを失うか、ポジティブな特性を得る
        • 鈍感(Dull)の特性を失うか、 鋭敏(Shrewd)の特性を得る
        • 虚弱(Weak)の特性を失うか、 屈強(Strong)の特性を得る。
      • ポジティブな1つの補正を得る
        • 20年の間、 管理が+3 生殖力が+25%
        • 20年の間、 策略が+3 恐怖利得が+25%
        • 20年の間、 学識が+3 ストレス利得が−25%
        • 20年の間、 軍事が+3 武勇が+4
        • 20年の間、 外交が+3 ささやかな健康増進
    • 効果がでない
    • ネガティブな1つの効果がでる
      • 悪霊憑きの特性
      • 不能(Impotent)の特性
      • 病弱(Infirm)の特性
      •  病気 の特性
  • 高価な捧げものは、効果がでない可能性を減らし、ポジティブな効果が生じた場合に特性が変化する可能性を高め、ネガティブな効果が生じた場合に 悪霊つきの特性の可能性を高める。
  • 捧げものをしないことは効果がでないことやネガティブな効果が出る可能性を高めることはありません。
  • 狂信的の特性を持っていると効果がでない可能性が低くなり、 冷笑的の特性を持っていると効果がでない可能性が高くなる。
  • 学識が11以上の 宮廷司祭では、ポジティブな効果の可能性を高め(上限なし)、ネガティブな効果の可能性を低くする(学識20で限界)。
  • 学識が10の Learningの 宮廷司祭は効果の結果には影響しない
  • 学識が9以下の 宮廷司祭では、ポジティブな効果の可能性が低くなり、ネガティブな効果の可能性が高くなる。
  • 神秘主義的な特性を持つ 宮廷司祭がいることは、ポジティブな効果の可能性を高める。
  • より高いレベルの 神秘主義的な特性を持つ 宮廷司祭がいることは、ポジティブな効果が発生した場合の特性が変化する可能性を上昇させる。特性のレベルが高いほど、可能性は高くなる。
なし
  • Yes 宗派が精霊憑依(Adorcism)の信条を持つ
  •  宮廷司祭
  • No 悪霊憑き(Possessed)の特性
5年
清貧の誓いを立てる(Take Vow of Poverty)

金は諸悪の根源だ。私はすべてを都合よく手放すことはできないし、[title]のままであり続けるが、毎月の収入の一部を寄付することを誓うことはできる。

  • 清貧の誓い
    • +5 聖職者(Clergy)の評価
    • +2 月間の信仰点
    • −20% 月間の収入
  • 野心的の特性を持つキャラクターの場合、ストレスが+10
  • 冷笑的の特性を持つキャラクターの場合、ストレスが+35
  • 強欲の特性を持つキャラクターの場合、ストレスが+60
なし
  • Yes 宗派が貧困の誓いの信条を持つ
なし
清貧の誓いを放棄(Renounce Vow of Poverty)

自身の領国を効果的に統治するのにより大きな予算が必要だという事実を回避することはできない。実用主義は私の清貧の誓約の撤回を求めている。

  • 清貧の誓いを失う
  • 謙虚(Humble)の特性を持つキャラクターの場合、ストレスが+10
  • 狂信の特性を保つキャラクターの場合、ストレスが+35
  • 寛大(Generous)の特性を持つキャラクターの場合、ストレスが+60
100の信仰点
  • Yes 宗派が貧困の誓いの信条を持つ
なし
叙事詩の制作を依頼(Commission Epic)

私の家族の歴史には、偉大な成功と名誉の物語が多くある。それらのいくつかが単一の物語として構成されていれば、私を非常によく映してくれるはずだ!

  • 誰が叙事詩を書くかを選ぶ
    • キャラクターが強欲(Greedy)の特性を持っている場合、巧みな語り部(storyteller)を選ぶことでストレスが+30される
  • 主題を選ぶ
    • 詩が完成すると、その主題となったキャラクターは150の 威信と50の 名声を受け取る。
    • 詩が完成すると、その主題となった家族は75の 威信と75の 名声を受け取る
    • 詩が完成すると、その主題となった真実(truth)は150の 威信と250の 信仰点を受け取る。
  • 普通の叙事詩の場合、月間の威信が10年間+2
  • 比類なき叙事詩の場合、月間の威信が10年間+5
月間の収入に依存
  • Yes 成人している
  • 歴史を描く(Writing History)のパーク
10年
臣下からの強制徴発(Extort Subjects)

私がお金を必要としているときには、私の民は義務に従い喜んで支払うべきだ!結局、彼らは私なしでどこにいられるというのだ?

  • ペナルティと引き換えにゴールドを獲得するための2つのイベントが、今後5日以内に行われる。
  • キャラクターが寛大(Generous)の特性を持っている場合はストレスが+60
なし
  • Yes 成人している
  • それは”私の”ものだ!(It is MY Domain)のパーク
2年
下級称号の売職(Sell Minor Titles)

称号は、それが象徴的な意味しかなくても、血統より財産の方が優れた輩に売り払えば、私の金庫が潤うというものだ。

  • 状況に応じたゴールド
  • 5日の間に以下の1つが発生する
    • ランダムな ゴールド、 威信、封臣に対する 弱いフックを得る
    • ランダムな ゴールドを取得し、有力な封臣の封建税が減る
    • ランダムな 威信を失い、封臣の 評価が+30
    • ランダムな ゴールドもしくはランダムな 威信を得る選択肢
    • ランダムな ゴールドもしくはランダムな 名誉を得る選択肢
    • ランダムな 威信を失うか、有力な封臣の 評価が+30
150の威信
  • Yes 成人している
  • 金のためなら(At Any Cost)のパーク
5年
禁欲(Embrace Celibacy)

肉欲のない人生は私に平和と満足とをもたらすであろう。

  • 禁欲的の特性を得る
  • キャラクターが好色(Lustful)の特性を持っていれば、ストレスが+60
なし
  • Yes 成人している
  • 「自制」のパーク
  • No 誘惑者(Seducer)の特性
  • No 熱心な酒好きの特性
  • No 著名な酒飲みの特性
  • No 伝説の酒豪の特性
1年
禁欲の放棄(Abandon Celibacy)

私にはその領国と私自身への義務がある...私は禁欲の中で生きることはもうできない。

  • 禁欲的の特性を失う
なし
  • 自制(Restraint)のパーク
  • 禁欲的の特性
1年
神秘主義者の集会を開く(Hold Mystical Communion)

恍惚の中に身を投じ、[god]の存在を掴み取るのだ。

  • +300 学識ライフスタイルの経験値
  • 神の導き(Divine Guidance)の補正を5年間得て、以下の効果が発生する。
    • +1 軍事
    • +1 学識
    • −25% ストレス取得
    • +25% ストレス減少
  • 3日の間に50%の確率で以下の1つを得る
    • 宮廷司祭の評価が−20
      • 宗派が賢者、秘法家、奇跡を為す者を美徳(virtue)とみなしている場合はこれに当てはまらない
    • −20 狂信的の特性を持った封臣の評価
      • 宗派が賢者、秘法家、奇跡を為す者を美徳(virtue)とみなしている場合はこれに当てはまらない
    • 宗教指導者の評価が−30、献身レベルが−1
      • 宗派が賢者、秘法家、奇跡を為す者を美徳(virtue)とみなしている場合はこれに当てはまらない** +30 狂信的の特性を持った封臣の評価
    • 必要な特性を持った封臣、廷臣、または家族の評価が+30
    • 病気(Ill)の特性
    • 病気の特性が削除される
100の信仰点
  • Yes 成人している
  • Yes 以下のどれか1つ
    • 賢者(Wise Man)の特性
    • 秘法家(Mystic)の特性
    • 奇跡を為す者(Miracle Worker)の特性
5年
飼い猫

大きく息を吸い、信頼できる4本足の仲間である猫を見つけよう。犬は卑しい生き物だと言う人もいるが、どんなに厳しい人生の中でも、私は彼が私のために常にそこにいることを知っている!

  • −10 ストレス
なし
  • 飼い猫
5年
飼い犬(Pet Dog)

大きく息を吸い、信頼できる4本足の仲間である犬を見つけよう。犬は卑しい生き物だと言う人もいるが、どんなに厳しい人生の中でも、私は彼が私のために常にそこにいることを知っている!

  • 以下のどれか1つがおきる
    • 98%のキャラクターが ストレス −10
    • 1%のキャラクターにランダムな近隣の称号に対する 曖昧な請求権を得るか、その称号の保有者の 評価を+20得るかの選択肢が与えられる
    • 1%のキャラクターが負傷する
なし
  • 飼い犬
5年
自殺を試みる(Attempt Suicide)

この世には暗黒と苦痛しかない。人々は私にきっと良くなると言うが、奴らに何がわかるというのだ?そしてこの瞬間に何の助けになるというのだ?定命の領域に別れを告げる時が来たのだ。

  • −1 献身レベル
  • 50%の確率で以下が起きる
    • キャラクターが死ぬ
    • −1 栄光レベル
    • −30 すべての封臣の評価
なし
  • No 宗派が救慰礼(Consolamentum)の信条を持つ
  • 以下のどれか1つ
    • 癌の特性
    • 鬱(Melancholic)の特性
    • 梅毒の特性
    •  無能力者の特性
    • らい病(Leper)の特性
    • 狂気(Lunatic)の特性
    • ストレスレベルが3
    • 最高の友人(Best Friend)、魂の伴侶(Soulmate)、もしくは高い評価の子供が死んだ
5年

アクティビティ[編集]

アクティビティ(Activities)とは、キャラクターを特定の場所に一時的に移動させて、しばらくの間キャラクターが他のディシジョンを実行するのを防ぐ小ディシジョンのことです。アクティビティはキャラクターが子どもであったり、投獄されていたり、戦争中であったり、軍勢を指揮していたりする場合は利用不可能です。

アクティビティ 即時効果 コスト 追加の要求事項 クールダウン
Activity hunt.png 狩りに出かける(Call Hunt)

手つかずの荒野が呼ぶ声が聞こえ、あらゆる種類の獣たちが私の槍と矢を待っている!

  • キャラクターが怠惰(Lazy)の特性を持っていない場合は、ストレスが−30
  • キャラクターが勤勉(Diligent)、運動好き(Athletic)、嗜虐的(Sadistic)、勇敢(Brave)もしくは猟人(Hunter)の特性を持っていれば追加でストレスを失う
  • キャラクターが慈悲(Compassionate)もしくは臆病者(Craven)の特性を持っていれば追加でストレスを失う
  • 廷臣、封臣、客人とのイベントを引き起こす。狩猟から受ける補正も参照のこと。
主要称号の階位に依存する(1.5で割る) なし 5年
Activity feast.png 祝宴を催す(Host Feast)

樽を叩き割り、名誉ある賓客を招待することは、義務であるばかりでなく、忠誠の絆を再確認する機会であり、しばしば大きな喜びともなる!

  • 宗派が快楽主義(Hedonistic)の信条を持っている場合に信仰点が+100
  • 宗派が祝祭儀式(Ritual Celebrations)の信条を持っている場合に信仰点が+100
  • キャラクターが内向的(Shy)の特性を持っている場合はストレスが−30
  • キャラクターが大食(Gluttonous)、社交的(Gregarious)、酒浸り(Drunkard)、過食症(Comfort Eater)、強欲(Greedy)もしくは熱心な酒好き(Reveler)の場合、追加でストレスを失う
  • 廷臣、封臣、家族、主君、個人計画の対象とのイベントを引き起こす。饗宴から受ける補正も参照のこと。
主要称号の階位に依存する なし 5年
Activity meditation.png 隠遁生活を送る(Meditate in Seclusion)

説明

  • 男爵領がどのような地形(terrain)であるかに基づいて瞑想(meditation)する場所が選択される
    • 城砦で瞑想する場合は−10 ストレスを失う
    • 城砦の外で瞑想する場合はランダムで ストレスを失ったり得たりする。または 学識を得たり、ネガティブな特性を失ったりする。
  • 6カ月の間、「隠遁生活を送る」の補正を得て、以下の効果を得る
    • −1 外交
    • −1 軍事
    • −1 管理
    • −1 策略
  • それぞれの瞑想は、さらなる瞑想の成功確率を高める。
なし Yes 宗派が以下の信条のどれか1つを持つ
  • 禁欲主義(Asceticism)
  • 内なる旅(Inner Journey)
3年
Activity pilgrimage.png 巡礼に行く(Go on a Pilgrimage)

聖地は、我々の世界で[faith]に最も近い場所である。それを自身の目で見ることは、私の献身を[faith adherent]として証明するということだ。

  • 目的地を選ぶ
  • 様々なイベントを引き起こす。巡礼から受ける補正も参照のこと。
  • 宗派が秘教(Esotericism)の信条を持っている場合、神秘主義(Mystic)の特性を獲得したり、アップグレードしたりする確率が50%
  • 宗派に相応する信条がある場合は10年間、次の補正が得られる
補正 信条 効果
断固とした巡礼者 武装した巡礼(Armed Pilgrimages)
  • 騎士一人に対して月間の 信仰点 +2.5%
私の先祖の足跡を辿って 祖先崇拝(Ancestor Worship)
  • +10 近縁者の評価(Close relative opinion)
清貧の旅 托鉢修道会(Mendicant Preachers)
  • 聖戦騎士団の雇用コスト−33%
司教の席 神権国家(Ecclesiarchy)
  • 聖職者の評価 +10
服従の表現 苦闘と服従(Struggle and Submission)
  • 同じ宗派の評価 +10
  • キャラクターが病気をしていれば死ぬ可能性がある
目的地との距離に依存する

No 宗派がロラード派(Lollardy)
No 宗派がパウロ派(Paulicianism)
No 宗派がワルドー派(Waldensianism)

15年
Activity pilgrimage.png ハッジを行う(Undertake the Hajj)

メッカへの巡礼(ハッジ)は私の信仰の柱の一つだ。私はそれを行い、イスラム教徒としての義務を果たす時がきた。

  • ハッジ(Hajjaj)の特性を得る
  • メッカが近隣にある場合は信仰点が+250
  • メッカが少し離れている場合は信仰点が+375
  • メッカが遠い場合は信仰点が+625
  • メッカがとても遠い場合は信仰点が+875
  • 宗派が苦闘と服従の信条を持っている場合、「服従の表現(Display of Submission)」の永続的な補正を得る
  • メッカに到達すると、ハルク(Halq)の補正を5か月得る選択が与えられ、以下のような効果が得られる。
    • Icon piety islam 01.png +5 月間の信仰点
    • +5 同じ宗派の評価
    • −10 魅了(Attraction)の評価
  • キャラクターが病気をしていれば死ぬ可能性がある
メッカとの距離に依存する

Icon piety islam 01.png イスラム教
No 宗派がアレヴィー派(Alevism)
No 宗派がドゥルーズ派(Druze)
No 宗派がカルマト派(Qarmatianism)
No 宗派がアラウィー派(Alawism)

15年
Activity witch ritual.png 壮大な儀式の主催(Host Grand Rite)

我々は[witch god]を崇拝し、かの者の謎を深く探求していく!壮大な儀式は、仲間の魔女との交流や知識交換の絶好の機会だ。

  • アクティビティの開始から7日後に実行する内容を選択する
    • 成功すれば、すべての参加者の 評価が+20
    • 失敗すれば、すべての参加者の 評価が−15され、 ストレスが+20
  • 魔女の特性を持つキャラクターとのイベントが起こる
50ゴールド

魔女の特性
魔女の集会(Witch Coven)の家の補正

10年

コーピング行動[編集]

コーピング行動は、コーピングメカニズム特性を持つキャラクターが利用できるディシジョンであり、さまざまなペナルティの代わりに ストレスを軽減します。各コーピング行動は3年に1回しか行えませんが、それ以外の要求事項はありません。

ディシジョン ストレス コスト 必要な特性 説明
告白(Confess) −20
  • キャラクターに秘密がある場合はそれを暴露します。
  • キャラクターが秘密を持っていない場合は、不穏な告白(Disturbing Confession)の補正を2年間得る。また以下の効果を得る。
    • −5 一般的な評価
悔恨(Contrite) 告白ほど自由と解放をもたらすものはほとんどなく、自分の秘密やあやまちを発声することで精神を落ち着かせることが出来る。
ハシシ・ケーキを食べ尽くす(Consume Hashish Cakes) −20
  • 2年間、ハシシ昏睡(Hashish Stupor)の補正を得て、以下の効果を得る。
    • −1 管理
    • −2 学識
ハシシ中毒(Hashishiyah) 少し噛むだけで、体からストレスが出ていきそうだ。心が霧に包まれ、安らぎと落ち着きが溢れてきます。ハシッシュほどリラックスできるものはありません!
鞭打ち(Flagellate) −40
  • 負傷(Wounded)の特性を得る
    • すでに負傷の特性があれば、 重傷の特性を得る
    • すでに 重傷の特性があれば、 致命傷の特性を得る
    • すでに 致命傷の特性があれば、その者は死ぬ
苦行者(Flagellant) 痛みによる浄化ほど、心を清めるものはない。心が澄み渡るまで私は自分の背中を鞭打つだろう
酒に溺れる(Indulge in Drink) −20
  • −150 威信
酒浸り(Drunkard) 酒飲み仲間との意気投合よ、一杯気分の安らぎよ…さあ、どんちゃん騒ぎで飲んだくれる時間だ!
大食に溺れる(Indulge in Food) −20
  • 状況に応じたゴールド
過食症(Comfort Eater) すべてが少し過剰だと思われる時、心を落ち着かせるには、私は常に食べ物が重要だ。お腹がいっぱいになれば、空で穏やかな心へと繋がる
暴言を吐く(Lash Out) −20
  • 暴言(Lashing Out)の補正を1年間得る確率が50%になり、以下の効果を得る。
    • −10 直臣の評価
  • 50% 封臣の評価を−40失う確率が50%
    • 友人である封臣が侮辱されるのは、キャラクターに彼以外の封臣がいない場合に限る
癇性(Irritable) 抑えてきた怒りや苛立ちを解消するためには…おお、そこに発散するための最高のものがあるではないか!次の機会が来ても、私は自分を抑えられないだろう…
隠遁生活に入る(Seclude Yourself) −20
  • −150 威信
隠遁者(Reclusive) 心を集中させ、雑念や不安を取り除くには世俗を離れねばならない。独りになれば心を研ぎ澄まし、癒しを得られる。
食べ物を避ける(Shun Food) −20
  • 3年間、空腹(Famished)の補正を得て、以下の効果を得る。
    • −1 武勇(Prowess)
    • 中程度の健康ペナルティ
拒食症(Inappetetic) そこに乗っている味気ない食べ物を数えるまでもなく、それは私の食卓には多すぎる!食事を抜くことで、領国で実際に問題となっている事柄に集中することができる。
親友と語り合う(Talk to Confidant) −20
  • −10 一人を除くすべての廷臣の評価
自白者(Confider) 誠に話を聞いてもらえるというのは、めったにないご褒美だ。信頼できる親友との会話ほど心を楽にしてくれるものはないし、いつも抱えてる悩みがとても小さなものだと錯覚させてくれる!
売春宿を訪れる(Visit a Brothel) −40
  • 状況に応じたゴールド
  • 20% 性器ヘルペス(Lover's Pox)の特性を得る確率
  • 5% 梅毒(Great Pox)の特性を得る確率
  • 5% 姦通の疑い(suspected of adultery)をかけられる確率
放蕩者(Rakish) 性的快楽ほど心を和らげるものはない。
市場を訪れる(Visit the Market) −20
  • 状況に応じたゴールド
浪費家(Profligate) 何か新しいもの——ピカピカするもの——それが私を集中させるだろう。
ストレスを取り除く(Work off Some Stress) (sic)[3] −20
  • 汗臭い(Sweaty Stench)の補正を1年間得て、以下の効果を得る。
    • −5 一般的な評価
運動好き(Athletic) 脈を高め、健康的な汗を流すほど心を和らげるものはない。心が落ち着くまで体を動かそう。
考えを書き留める(Write Thoughts Down) −20
  • 執筆に夢中(Occupied Writing)の補正を1年間得て、以下の効果を得る。
    • −2 外交
筆まめ(Journaller) 考えたことや苦しみを書き留めておこう。紙とインクほど私の心を鎮めてくれるものはない!

未使用のディシジョン[編集]

以下のディシジョンはゲームでは利用されていません。

ディシジョン 効果 コスト 要求事項 クールダウン メモ
ローマ教皇を復活させる(Restore Pope in Rome)
封建制を採用(Adopt Feudalism)
大聖堂の建設(Build a Grand Church)
野生のガチョウを追いかける(Wild Goose Chase)[10]
  • −13 ゴールド
  • +20 ストレス
-
  • アクティビティの最中ではない
  • 投獄されていない
  • イベントの最中ではない
  • 伝染性の致命的な病気ではない
  •  無能力者の特性を持っていない
  • 戦争中ではない
  • その時点で軍勢を指揮していない
- デバッグモードのみで表示される(debug_only = yes).

こちらも[編集]

参照[編集]

  1. 訳者注:日本語化MOD「大きな決断」から変更しました
  2. 訳者注:witch+craftで魔女の生成物かもしれません
  3. 3.0 3.1 3.2 game\localization\english\decisions_l_english.yml
  4. game\common\decisions\80_major_decisions_roman.txt内のrestore_roman_empire_decision, restore_roman_empire_holy_decision, restore_roman_empire_italian_decision
  5. 5.0 5.1 5.2 game\common\scripted_effects\00_major_decisions_scripted_effects.txt
  6. game\events\decision_events\roman_restoration_events.txt内のroman_restoration.0004
  7. game\events\decision_events\roman_restoration_events.txt内のroman_restoration.0151
  8. game\common\decisions\10_religious_decisions.txt
  9. events\religion_events\false_conversion_events.txt
  10. common\decisions\test_decision.txt